スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
ぎゅうぎゅう詰め。
寒さも少し和らぎました。

昨日は午後ランにいると、厚手のコートが重いくらいでしたね。
今日・明日は、もっと暖かくなるそうです。

ここのところ、とても寒かったので
うちのお嬢達は、猿団子・・ならぬ、犬団子状態。
ゆっくり寝られるお布団とクレートを置いてあるのに
何故か、一カ所に集まって寝るのが好きみたいです。

一人用のクレートに、なんと4頭全員が入る・・・・

four.jpg

勿論全部は入りきらないので、殆どはみ出しているのがアイリス。
それでも必死で入ろうとするから、四角いクレートは型崩れして丸くなり、
左側にあるメッシュの入り口は、はじけて破れ(ダイアナの耳が出ている・・)
奥にいる子は、息も絶え絶え・・・・

お布団もクレートも、いっぱい余っているのに
いつもいつも、団子になるお嬢達。

寒いのか、仲が良いのか・・・知る術はありませんが・・・・・




スポンサーサイト
【2010/01/19 08:25 】
未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
ケリ・モリ来たる!!
と~~っても寒いです。
昨日と今日は、ランのバケツに厚い氷が張っていました。
昨日は水道も凍ってしまって、お水が出ないくらいの寒い朝でしたが
今日は、少しマシでしたね。

お昼は明るい陽射しで、寒さも和らいでいました。

今日は、アイリスの姉妹・ケリーが
妹分のモリーと一緒に遊びに来てくれました。

生後4ヶ月になるモリーは、2頭のお姉さんと
3頭のおばさん達に負けじと、ボールを咥えて
大張り切りでした。カワイイ~~!

molly1.jpg

お顔が小さいときのアイリスに似ています。
(赤の他人ですが・・・)

molly2.jpg

アイリスとケリーは、そっくりです。
思い切り遊んでいると、見間違うくらいでした。

kelly.jpg


ケリーは、とても良い子で
何一つ囓ったり、バタついたりしないそうです。
妹分のモリーの面倒も良く見て
良いお姉さんらしいです。

アイも良い子だし、みんな心持ちの良い子達で
私は胸が熱くなりました。
大型犬とゆったり暮らせるなんて、素晴らしいことです。

犬を飼うと言うことは、絶対にプラスになるべきで
負担になっては意味がありません。
勿論生き物なので、お世話が必要ですが
それ以上の安らぎを与えてくれなければ意味がありません。

この子達が与えてくれる利他の愛情と理解は、人間社会のストレスや
当たり前と思っているつまらないトラブルさえ忘れさせ
そして本当に生きるという事を思い出させてくれます。
だからこそ、犬と離れられないのです。
【2010/01/15 22:04 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
コートカラー遺伝子
暖かな成人の日でした。
京都は、11度まで気温が上がって
3月くらいの陽気でした。
全ての成人が、平成生まれだった今年。
これからの活躍に期待したいものですね

さてさて、ラブラドールの色は
ご存じの通り、ブラック・イエロー・チョコレートの単色です。
これは、A Kの遺伝子を持っていないからです。

ラブのカラー遺伝子は、E.B.Dの3つです
遺伝子型と、表現型に分かれていて
先日述べたアイリスは、表現型がブラックで
対立遺伝子が、イエローですが
イエローは劣性なので、このコピーが二つ無かったので
ブラックの表現型になります。

遺伝子は、コートカラーだけを決定するのではなく
鼻の色やコートの中に隠れた色にも関係します。

ラブの遺伝子型は、以下の通りです。

遺伝子型    毛色    鼻の色   隠れた色
EEBBDD BLACK BLACK NONE ドミナント
EeBBDD BLACK BLACK YELLOW
eeBBDD YELLOW BLACK BLACK
EEBbDD BLACK BLACK CHOCO
EeBbDD YELLOW BLACK CHOCO
eeBbDD CHOCO BROWN NONE
EebbDD CHOCO BROWN YELLOW
eebbDD YELLOW BROWN BROWN

また黒い鼻の色が退色したり、ウインターノーズと呼ばれる
季節性の変化は、遺伝子とは関係ありません。
時折見られる、胸や足先の白斑は、メラニンをコートに含み込む経過が
胚発生段階で、メラニン細胞が四肢や胸まで完全に行き渡らなかった結果です。
但し、発生・移動の遺伝子的な要素は、まだ解明されていないようですが
かなり近いところまで、解明が進んでいる様ですので
これは、遺伝的な物だと言えるでしょう。

D遺伝子は、色素の希釈を起こす遺伝子です。
dの対立遺伝子コピーを二つ持っていれば、鼻・まぶた・足の裏などに
ダイリュート(希釈)を起こします。

イエローは、メラニン細胞の一つであるフェオメラニンで決定されますが
eの対立遺伝子コピーを二つ持っていれば、イエローしか生成されないので
そのラブはイエローになります。

チョコは、ブラックのメラニンであるユーメラニン生成が出来て
Eの対立遺伝子を一つ持っていて
その上に、b(3種類ある)の対立遺伝子のどれかを二つ持っているという
条件で、ブラックの毛がブラウンになります。

色の遺伝子を知ることで、次のブリーディングの条件を
決めることが出来ますし、毛色の好みもあるので
この検査は、なかなか興味深いと思います。
先日ブラックのオスを持っている私の友人が
イエローの子犬を残したくて、イエローのメスとブリーディングしましたが
彼がドミナントだったので、当然すべてブラックの子犬が生まれました。
この子達は、全員イエローキャリーなので、
次世代では色のコントロールが出来ますが、何も知らなかった友人は
とても不思議な結果だったと驚いていました。

私は毛色に執着はありませんが
数少ないブリーディングなので、情報は出来るだけ多い方が良いと思い
検査を受けています。

この遺伝子の説明は、実はとても難しくて
上手に書けなくて済みません。
もっと勉強してからなら、もっと上手に書けたかも知れませんが・・・
【2010/01/11 21:07 】
未分類 | コメント(1) | トラックバック(0)
コートカラー遺伝子
寒い日が続いています。
お嬢達にとっては快適な季節らしく、霜の降りたランでも
躊躇せずに転げ回っていますが、私にとっては
早朝の運動タイムは、さすがに辛い・・
だんだんと早く切り上げるようになっています。

さて先日の岐阜単独展で、コートカラー遺伝子検査をしたアイリス。

ローママとウエブスター・パパは、共にブラック・ラブラドール
生まれたモリアゲ隊7名は、ブラック5頭イエロー2頭。

ご存じの方も多いと思いますが、
つまり、ローママもウエブスター・パパも
イエローキャリングブラックのブラックラブと言うことになります。

元々、パパとママの遺伝子は分かっていたので
見事に25%の割合でイエローが生まれて、なるほど・・と思った私です。

しかし、この組み合わせでは25%の割合
ドミナントブラックになるので、念のために
アイのコートカラー遺伝子を調べておいた次第です。

結果は・・・・
アイリス:
BB not carrying Brown
Ee carries Yellow



次回は、このコートカラー遺伝子について
少しお話ししたいと思います。
【2010/01/09 23:08 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
三が日も終わって・・・
ゆっくり過ごしたお正月の三が日も終わりました。

寒かった元日以降は、比較的暖かいお正月で
朝の運動時間も遅くなり、のんびりし過ぎて
体内時計も狂った平和な日々でした。

今日から時間も戻して、普段の生活に戻りました。
辛いわぁ・・

クリスマスに脂肪腫を取って貰ったダイアナも
順調に回復していますが
今朝はジャスミンが、ロウソウが割れて怪我をしました。
「爪を伸ばしているさかい、怪我するねんでぇ!!」
叱られながら、包帯を巻いて貰うアクシデントがありましたが
まぁ、みんな元気でいつも通りの我が家です。
感謝・・・

暖かくて良いお天気だったので
いつも通り、ランで遊びました。

「ボール命がけ」の3頭です。

12-31-1.jpg

足の痛さも忘れて、集中するジャスミン
後から文句言わんときやぁ!

12-31jas.jpg

アイも大きくなりました。

12-31iris.jpg

パツパツの服が邪魔なのか
元気な2頭に後れを取って、諦めムードのダイアナ。

12-31dai1.jpg

来月にはモリアゲ隊も1歳を迎えます。
時が経つのは早いなぁ・・・
アイリスにも検査が待っています。
岐阜で出したDNA検査の結果はどうだったかな?
早く結果を知りたいものです。

そう言えば、JAHDもGTGも検査申し込みが減っているらしいです
ダイアナをブリーディングしようと思っていたのは
もう10年近く昔の話ですが
あの頃は、海外からヘルスクリアランスを求められても
検査する機関が身近に無くて、本当に困った経験があります。

今はJAHDが発足し、GTGでのDNA検査も手軽になり
私が思うに、夢のような今日この頃!!の筈ですが・・

JKCも待望のAIを解禁し、ブリーディングの幅も広がって
真摯なブリーダー達は、こぞって検査を受け
良いブリーディングに邁進するかと思いきや
検査を受ける犬が減っているのは、どうも理解が出来ません。

こんな恵まれた環境にありながら、どういう事でしょうか?

今日海外のブリーダー仲間から、ハワイで行われるセミナーに協力して欲しい旨の
メールが届きました。
私の情報で良ければ喜んで提供するつもりですが
肝心の国内が、こんな状況ではねぇ・・・・・

今年は組織の役を降りるつもりでしたが
何かを変えられるのであれば、もう一頑張りするべきかどうか??
とても悩んで、迷っている、2010新年です。


【2010/01/04 20:51 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
明けましておめでとうございます!
明けましておめでとうございます!

とても寒くて、静かな元旦でした。
ランのバケツの水には、1㎝くらいの厚い氷が張っていました。
でもお嬢達は元気いっぱい。

今年もヨロシクお願いします。
2010年が、皆様にとっても素晴らしい一年に
なりますよう!


それぞれからの新年のメッセージです。

12-15jas.jpg

12-31lo.jpg

11-15dai1_20100101214909.jpg

iris.jpg

今年もヨロシクお願いします!!
【2010/01/01 21:50 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。