スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
モリアゲ隊 隊長より
みなさん、こんにちは、隊長です。

昨日はランで遊んだ様子を書きましたが
今日は、ボクのことを書きます。

まずボクの近況写真を見て下さい。
ボクは、もう5キロ半になってしまいました。

3-25tai.jpg

3-26tai.jpg

3-26tai2.jpg

3-29tai1.jpg



ボクは、モリアゲ隊の中で一番大きかったので
気がついた時には、自動的に隊長になっていました

初めは隊長は偉いと思って、喜んでいましたが
前の隊長、グンマと話した時に
グンマが「隊長なんか、やったらアカン」と言ったのです。

理由は、隊長はカッコイイようだけど
完全ボランティアで、無料奉仕で、怒られてばっかりで
他の子は、みんな名前がついているのに
隊長は名無しで、隊長と呼ばれて
何のメリットもないそうです

ボクも、この頃そう思っていたところだったので
昨日お母さんに、隊長を辞めたいと言いました。

けどお母さんは、隊長は名誉だし、一番偉くて大きいから
隊長なのだと言いました。

そうかなぁ・・・と思って、グンマにもう一度相談したら
グンマも辞表を出した時に、同じことを言われて
結局最後まで隊長をやらされて、しんどかったそうです

お母さんに、もう一度辞めたいと言うつもりですが
すぐに言うのも角が立つので
もう少し様子を見てから、言うつもりです。

一番大きいので隊長を辞められないから、
なるべく食べないようにしようと思うのですが、ご飯を見ると
すぐに全部食べてしまうので

ボクは生後40日なのに、
もう5キロ半になってしまいました・・・・
スポンサーサイト
【2009/03/30 21:59 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
モリアゲ隊 ランで
ボク、モリアゲ隊の隊長。

今日は寒かったけど、良いお天気だったので
みんなでランに行ったんだ。

やっぱり、まだママのオッパイが恋しくて
オッパイ欲しいよ~~って、ママにねだったけど・・・・

ローママは、「ダメっ!!」って逃げるんだ・・・

3-29ran1.jpg

ローママが、走ろうって言ったので
みんなで頑張って走りました。

3-29ran2.jpg

ダイアナオバサンは怖いけど
ボールを貸して欲しいフクちゃんは、一生懸命おねだり。

ダイアナおばさん、ボール貸して下さい。

3-29run3.jpg

ダメって言われたから、フクちゃんはダイアナに体当たり。
海くんもフクちゃんを援護。

3-29run4.jpg

結局ケチなダイアナおばさんは、ボールを貸してくれませんでした。

仕方ないから、諦めたフクちゃんと・・・

3-29fuku.jpg

海くんは、弾みでコケました。

3-29kai.jpg

そしてボクは、初めてステイのポーズを練習しました。
カッコイイですか??

3-29tai2.jpg

寒かったけど、楽しい一日でした。

おわり


【2009/03/29 22:59 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
モリアゲ隊 海くん
こんばんは。
寒の戻りが厳しくて、今日は寒い一日でした。

それでもモリアゲ隊は、元気いっぱい。

今日は、隊員の海くんをご紹介します。

イエロー2兄弟の弟分です。
とても優しくて温和しいので、みんなから苛められがちな海くん。
今日は頑張って、兄貴分のフクちゃんを追いかけます。

3-25y2.jpg

しかし返り討ちに遭い・・・・

3-25y2-3.jpg

おまけに、傍にいた隊長にも顔を噛まれて

3-25kai.jpg

いつも私達に助けを求めるので、一番抱っこして貰っている海くん。
本当にカワイイお顔なんです。

お気に入りの、ぬいぐるみを抱っこして
幸せそうに眠っています。

3-25kai2.jpg

優しい・・優しい、海くん。
いつも人の目をじっと見つめています。


きっと優しい男の子になるね。




【2009/03/25 23:24 】
未分類 | コメント(1) | トラックバック(0)
モリアゲ隊 副隊長 フクちゃん
こんにちは、
今日のお昼は予想外に暖かかったですね。
裏庭で遊ぶ、モリアゲ隊 副隊長 フクちゃんの
様子をご紹介したいと思います。

沢山写真を撮っても、どうしてもイエローが上手く写る。
ブラックを上手に撮したくて、良いカメラを使っているのですが・・・・

フクちゃんは、いつも上手に写るのです。

お気に入りのスロープに登って
ポーズを取るフクちゃん。 
  顔はおっさん。

3-25fuku1.jpg

オッサン顔に思わず笑った私の笑い声にもめげずに
もう一度、カワイイポーズを決める、フクちゃん。
   やっぱりオッサン顔で、きもい・・・

3-25fuku2.jpg

顔のしわが災いしているようで・・・・

本人は、精一杯カワイイ仕草をしているのですが。。。。
写真をクリックしてみて下さい。笑えます。
【2009/03/24 21:51 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
少しだけ、ラン・デビュー
こんばんは。
朝には雨が上がり、順調にお天気が回復した今日。
少し寒いかなぁ・・・と思いましたが
日差しがあったので、思い切って少しだけ、ラン・デビューをしました。

広いランで、強い風に戸惑いながら・・・・
イエロー2兄弟。
左が海くんで、右がフクちゃん

3-20yellow2.jpg

アングルが悪かったのか
フクちゃんは、真四角で木製の踏み台みたい??
普段は、こんな真四角ではありません!

3-20fuku.jpg

紅二点のケリーさんとアイリス

3-20ki.jpg

ケリーさんは、物怖じしないで
他の男の子より勇敢に探検できました。


3-20lelly3.jpg

あ~面白かった!!

3-20kelly2.jpg

アイリスも負けずに探検。

3-20iris2.jpg

面白かったよ~~!

3-20iris.jpg

ジャスミンパピーのモリモリ隊と同じ日の
ラン・デビューでしたが、モリアゲ隊ご一行の方が
少し温和しいかも。
暫くすると、殆どの隊員が日溜まりでスヤスヤ。

海くんは、爆睡でした。

3-20kai2.jpg





【2009/03/20 22:09 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
今日のモリアゲ隊
こんにちは。
春を通り越して、初夏のような陽気も今日まで。
お彼岸の明日は、すこし雨になりそうですね。

今日は、モリアゲ隊ご一行が
裏庭にデビューしました。
前に一度出してみた時は、ピーピー鳴いたので
暫くお預けになり、今日が本格デビュー。

この陽気で、木蓮やクリスマスローズも満開・満開・満開

xmasrose.jpg

mokuren.jpg

そんな中で、モリアゲ隊の裏庭体験。
今日は朝ご飯も、庭で食べました。

デッキから降りやすいようにと、ダイアナのために用意した
長~~いスロープを上手に登る、アイリス

凄いなぁ・・カッコイイよ、アイリス!!

3-19iris.jpg

隊長は、探検を済ませて一休み。
なにやら真剣な面持ちです。

3-19tai.jpg

フクちゃんは、しっかりカメラ目線。

3-19fuku.jpg

みんな3㎏を超えて、ますます元気なモリアゲ隊。
今日のデビューは大成功。
色々探検出来ました。

ラン・デビューも間近です。



【2009/03/19 18:15 】
未分類 | コメント(1) | トラックバック(0)
今日のモリアゲ隊と、ダイアナの受難
こんにちは。

今日は暖かかったですね~~。
明日はモリアゲ隊を、裏庭にデビューさせましょう。
楽しみっ!

今日のご紹介は、黄色いリボンの、Leighくん。
あまり目立たないけれど、しっかりした男の子。

3-12leigh.jpg

Leighと、隊長と、アイリスはとても良く似ています。
殆ど三つ子。

隊長

3-11tai.jpg

アイリス

3-12iris_20090317190228.jpg

ところで、我が家の生え抜きダイアナ
温和しくて、素直で、良くできたラブ・・・・と言う印象ですが
実は、結構自己中です
主張せずに、自分の思いを通す術を心得た、優れもの。

そんなダイアナが、一番苦手なのが子供と子犬
特に子犬は大嫌いらしいです

モリアゲ隊が、サークルから出てウロウロし始めたので
ダイアナの受難が始まりました。

コウちゃんが、始めてダイアナに近づき、ワンっ!!って一喝された時は
パニックになっていたモリアゲ隊も、そのうち気にしなくなりました。
ダイアナは、ず~~っと、ウゥ~~って唸って脅していますが
子犬達は気にする様子もない。

「ぜ~~んぜん、平気やもんね~~。
こんなオバサン怖くないモンっ。
僕らは、元気なラブパピー!!
こんな事でビビッてたら、これからの人生(犬生??)
生きていけへんもんね~~。」
って。

昨日も、お気に入りのベッドでお休み中のダイアナの傍へ
モリアゲ隊が近づいたら、しきりと唸って脅していたけど
そのうちに。。。。。。ふと見ると。。。。。。

3-15daipup.jpg

全く脅しが通じないモリアゲ隊達は、ダイアナの傍でスヤスヤ・・・
ダイアナは怒りで固まっていたけど
これだけめげないモリアゲ隊には、殆どお手上げ隊・・・・

ダイアナ、もう暫く辛抱してや。


【2009/03/17 19:18 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
今日のモリアゲ隊と、AIつれづれ
こんにちは、昨日から雨が降り続いて
ようやく上がったと思うと、寒くなりましたね。

今週末から、裏庭デビューする予定だったモリアゲ隊ですが
この寒さで、すこし延期になりました。

今日のご紹介は、紅一点ならぬ紅二点
ケリーさんとアイリスちゃん。
ともに女の子です。

ケリーさん

3-12kelly.jpg

アイリス

3-12iris.jpg

この二人、生まれた時から最近まで
見分けがつかないくらいよく似ていましたが
この頃ようやく顔立ちに違いが出てきました。

赤いリボンのケリーさんは、一番ママ似かも・・・・・

さて今日のAIつれづれは・・・

国際感覚について、書きたいと思います。

どんな事でも同じなのですが、日本の中では当たり前だと思っている事柄が
実は海外では当たり前では無いと言うことが沢山あります。

日本という島国で暮らしていると、なかなか外国との接触が
少なくなるのも仕方ないのですが
自分の興味あることは、大きな視野で見ることが大切だと思います。

犬についても同じ事で
例えば、遺伝病検査についても、日本ではようやく意識が高まって
そこ此処で検査をする人が増えたと言っても
まだまだ始まったばかりだと言えます。

けれど先日書いたように、海外では数十年前から取り組まれていて
今や検査をするのは当然です。

AIによって海外とのやり取りをする場合は
単に精液の輸入という事だけでなく、
相手の犬舎と、血の交換をすると言うことなので
この国際感覚をしっかりと持たないといけないと思うのです。

つまり先進国と同感覚にならないと、相手にして貰えないというか
同じ土俵には立てないと思います。

もし仮に、貴方が遺伝病に対してきちんと取り組んでいたとして
日本よりも遅れている海外からオファーがあったら・・・・

また、折角貴方が長年努力して、より良い健全性の犬を作り上げてきたなら
全く検査していない犬との交配には二の足を踏みませんか?

海外では、あやふやなことは通用しないように思います。

AIを利用して、より良い犬を作りたいと思った時
まず自分の襟を正し、犬の襟を正して
何を聞かれても、きちんと堂々と渡り合えるようにしておかないと
取引(血の交換)は、出来ないように思います。

日本では、意識が高まってきたと言っても
全体的には後発で、まだまだ「検査無し」でも充分に
通用することも多々あります。

日本国内だけで満足しているのなら、それはそれで全く問題ありませんし
私は、皆が国際派になるべきだとは思っていませんが
もしAIを臨むなら、これはもう国際交流なので
せめて相手と同じ高さ・土俵に立つべきでしょう。

これは遺伝病検査に限ったことでは無く
犬に対する意識、取扱方、情熱、
そして自分のブリーディングに対するポリシーや希望など
ブリーダーとしての本質も問われるように思います。

私は何も知らなかった頃から、今回のAI実現まで
実に様々な人達の手引きと、応援と教えと協力を得てきました。
これらの協力がなければ、私一人では成し得なかったと
心から感謝しています。

けれど、そのメンター達と私は同等です。

勿論、感謝も尊敬もしていますし
教えて貰うことも多いのですが、それは日本で言う(今も横行している)
古い主従関係や徒弟制度とは、全く違います。
私達はお互いに
「はっきり、NOと言える間柄」です。

海外との付き合いの場合は、この点がとても楽です。
日本のように、師匠や先生と呼ばれる人達に
変な義理立てや遠慮をしなくて済みます。

ただし、それには一人前のブリーダーと認めて貰わねばなりません。

でも、それさえクリアーすれば、後はとても楽に付き合えますし
良いお付き合いの中で、良いブリーディングチャンスにも
恵まれていくのだと思います。

私は何一つ偉そうなことを言うつもりもありませんし
また自慢をするつもりもありません。

ただただ私は、今回JKCが門戸を開いたAIによって
日本の犬達だけでなく、私達ブリーダー達も
ともに大きく羽ばたき、より良く成長できたら・・・
と願っているだけなのです。








【2009/03/14 18:31 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
今日のモリアゲ隊と、AIつれづれに。
こんばんは。
今日は寒かったですね。

今日のモリアゲ隊ご紹介は、再び 紺色リボンの コウちゃん
前に撮した写真は、目を閉じてしまったので
本人がどうしても気に入らず
改めて撮して欲しいとせがまれてのアップです。

今日は可愛く撮れました!!

3-11ko.jpg

さてAIつれづれですが・・・
なかなか上手く表現できないかも知れませんので
「つれづれ」と読んでいる訳ですが。

JKCが海外からのAIを解禁して
名実共に、ブリーディングの大きな門戸が開いてくれたら・・と思います。

また多くの方々が、これからのブリーディングに
大きな期待を持っていると思います。

でも、どうしたらいいのかなぁ??と言うのが実情なのかも知れません。
今まで考えなかったことなのに、突然目の前の扉が開いても
はてさて・・・・すぐに一歩を踏み出す術は無い??

理由は、まず英語かも知れません。
でも英語だけなら、誰かに通訳をお願いすることも可能です。
それほど困難なことでは無いでしょう。

またエージェントに頼むという手もあります。
これも一つの方法でしょう。

でもここで大切なのは、自分が直接交渉しないで
誰かを介してお願いする場合でも
まずは、自分がやろうとしているAIと言うものの
基礎知識くらいは持って欲しいと言うことです。


何もかもエージェント任せでは、あまりにも無責任です。
その様な人に限って、上手くいかなかった時に
それを人のせいにします。

自分に充分な基礎知識があれば
いまやっていることが、どんなことなのか分かる筈ですし
万一上手くいかなかった場合でも、その原因をきちんと究明し
次回に繋げることが出来ますが
何も分からないままでは、次回の糧にもなりません。

ブリーダーとして、そのくらいは勉強してから
AIに臨むことは、とても大切だと感じています。
【2009/03/11 21:28 】
未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
今日のモリアゲ隊とAIつれづれ
こんばんは。

やっぱり子育ては忙しいわぁ・・・
それに年を感じるわ・・・


そんな中、生後3週目を迎えて
一昨日から離乳食の第一歩が始まったモリアゲ隊。
この時期は、トイレトレーニングも始まっているので
寝る場所と、トイレと、食事の場所を認識させることや
トイレ以外を、常に綺麗にしてトレーニングを徹底することなどで
毎日毎日、洗濯物の山・山・山・・・・

今日はお天気が良いと喜んでいたら
急に時雨れたり、また晴れたりで、
山のような洗濯物を抱えて、右往左往していました。

でもここで手を抜けば、元の木阿弥・・と
腰が痛いのも我慢して、シーツの取り替えと洗濯に追われる日々です。

お陰でトイレトレーニングは、ほぼ順調・・かな。
現在成功率60%くらいです。

目が覚めて、トコトコ・・・と、トイレに行ってオシッコをするお利口さん。

何て賢いんやろ?!もしかして、天才??

3-10pi.jpg

今日のモリアゲ隊ご紹介は、イエローの男の子 「海」くん。
この子は一番小さかったけど、すっかり大きくなり、コロコロしていて
とても温和しくてカワイイ子。

3-10kai.jpg


そしてとても良いご家庭に、ご縁を頂いています。
最初は、少し濃いイエローだったので
ャトランみたい・・・・だと言うことで
トラちゃんと呼んでいましたが、先日遊びに来て下さったオーナーの
Oさん宅で家族会議の結果、海くんという素敵な名前を貰いました。
そして、トラちゃん改め、めでたく海くんとなりました!!

海くんを宜しくお願い致します。

Oさん、また皆さんで海くんに会いに来て下さいね!!

さて、今日のAIつれづれは・・・・

今回、さかのぼりブログの冒頭に書いた通り
私が始めてAIの事を知った時には
私自身、JKCが冷凍・低温精子を使った繁殖を許可していない事さえ
知りませんでした。

けれど持ち前の、「興味のあることは、とことん追いかける」という
厚かましい精神を発揮して、色々と勉強を重ねました。
勿論、その中には独自でセミナーに参加したりもしましたが
その道の先輩や、友人達に教えて貰ったことも沢山あります。

そうして今回のAI実施に至った訳ですが
実施についても、顔も知らなかった筒井先生に協力をお願いしたり
岡田先生に無理を頼んだり・・と、厚かましさを大奮発。

犬友の文さんからは、「これはもう、狂気のような執念だ。」
最大の賛辞を貰いました(笑)

勿論私が英語を少し話すことや
輸入に関しての知識が在ったことなどが
大きな助けとなったことは事実です。

しかし、本来は、その前に
海外先進国のブリーダー達、つまり「犬種の番人」と呼ばれる彼らが
今現在、どのような基準と視点でブリーディングを行っているのか
どのような事が、当たり前なのか?等々を知り
そして自分のブリーディング・ポリシーをしっかりと持つことが
一番大切なのだと思います。

私が書いた、さかのぼりブログをご覧になれば
方法は分かるはずですし、それでも不明な点が多々あったら
それはJKCなりに聞けば、きちんと教えてくれます。

また検疫や通関についても、問い合わせをすれば
説明をしてくれますし、自分で知識を得ることなど
とても簡単にできます。

でもこれらは、あくまで方法です。

方法だけが分かっていても、それ以前の姿勢が出来ていないと
なかなか実現が難しいのも事実です。
当たり前のことですが、AIには相手が在るからです

ここのところで思うことを、次回から書いていきたいと思っています。
AI解禁によって、世界中からスタッドを選ぶことが可能になったのですから




【2009/03/11 00:24 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
今日のモリアゲ隊と、AIつれづれ。
こんばんは。

昨日は雨の一日でしたが
今日はすっかり晴れて、春らしい日よりでした。
今日は母の100ヶ日法要を営みました。

この1週間は、多忙を極めましたので
ブログもポツポツで済みません。

今日のモリアゲ隊 
丁度生後3週目を迎えました。
みんな、とてもしっかりしたパピー達で
もう全員が力強く歩いています。

本日の隊員ご紹介
イエローの男の子、フクちゃん。
名前の由来は、モリアゲ隊 副隊長だからです。

この子も、少し目が離れていますが・・・・男前??

3-7fuku.jpg

仕草も可愛くて・・・・

3-1-4.jpg

モリアゲ隊 副隊長 フクちゃんを、よろしくお願いします。


さて、AIつれづれ は前回の続きです。

前回は、JAHD森先生のセミナー内容をご紹介しながら
家系全体でみる関節形成不全のブログを書きました。

その事について、つれづれ追記です。

海外では、この様に家系全体で見た評価を追跡できる
システムもあり、日本に比べると
大変進んだ環境にありますが
これは、やはり何十年という長い努力を積み重ねた結果です。

そして海外のブリーダー達が、その取り組みを始めた
何十年前は、現在に比べて獣医学も遅れていただろうし
情報も少なかった筈です。
そんな中にありながらも、ブリーダー達は
愛するラブラドール(犬達)達の健康のため
将来のため、幸せのために
地道な努力を始めたのです。

それは決して一朝一夕で成し得た事では無い筈です。
みな手探りで始めてきたのでしょう。
そう思えば、希望も湧いてきます。

その上獣医学も発達した今は
昔よりも恵まれた環境にあります。
日本でもJAHDと言う機関もでき、簡単に検査することができます。

あとは、私達が諦めずに一歩一歩前向きに進むだけです

モリアゲ隊の子犬達を見ていると
この小さくて健気な命に対する愛情と責任
ひしひしと感じます。

そして改めて、こうして呼びかけたくなるのです。
私が一昨年ポトマックのセミナーで引用した魯迅の一節は
決してセミナー用の飾り言葉では無く
いつも私の心に在る希望そのものなのです



希望というものは、在るとも言えないし
無いとも言えないものです。
丁度、それは地上の道に似ています。
もともと地上には道など無かった。
歩く人が増えれば、そこに、道が出来る。



【2009/03/07 23:57 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
お祝い
こんばんは。

モリアゲ隊のパピー達は、2㎏近くになり
急に活発になってきました。
半開きの目も、日々大きくなって、表情も出てきたし
全てのパピーが歩けるようになって、そろそろトイレトレーニングを始めようと思っています。

昨日は、出産から応援してくれた文さんが
お祝いを持って来てくれました。

3-4gift.jpg


とても可愛いマット。
ありがとうございました!


もう少し大きくなったら、このマットで
ステイの練習をしようね。

子犬を見てのコメントは・・・・・
「でっかい頭!!3等身やね。可愛くないけど、カワイイ」って
どういう意味??
しっかりカワユイやん!!

今日は、明日のブロック会議準備で遅くなったから
紺ちゃんのアップだけをご紹介。

ちょっと(かなり??)目が離れているけど、とってもイングリッシュなお顔です。

3-4kon.jpg

ダイアナのお兄ちゃんで、Barlion Taisho(大将)と名付けた子に
とても似ています。
男前やったし、この子も楽しみです。

次からは、AIのつれづれを書きますので
また遊びに来て下さい。


【2009/03/05 00:03 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
さかのぼりブログ 後書き
昨日までの春日和が一転、今日は寒い日になりました。
ショーは如何でしたか?
お疲れ様。

昨日は、ロータスの抜糸と
子犬達の2週間検診に行ってきました。
一度の人口哺乳もなく、子犬達を3倍の体重に育てたローママは
綺麗に抜糸をして貰いました。

子犬達は、目が開き始めました。

3-1-1.jpg

この子は、みどり君。
体重も一番重くて、目も一番に開いて
立ち上がりも一番早かったので
昨日3月1日付で、モリアゲ隊 隊長に任命されました。
皆さん、隊長をよろしくお願いします。

さて、前回の続きを書きます。

先日は、AIを決意した理由を述べましたが
今日は具体的な最後の一歩となった、JAHD 森先生から許可を頂いたので
セミナー内容を、ご紹介します

日本でも、近年関節形成不全については
みんなの知識や意識も高まり、特にラブラドール達は
罹患率が高いと言うことと、ブリーダー仲間の意識も高いので
現在は多くのラブラドールが、評価を受けています。
この事は、とても喜ばしい事です。

けれどセミナーで森先生が講演された、「家系全体を見る」という
レベルには、まだまだ達していません。
これは日本に於いて、スコアーを調べる事自体が
まだ始まったばかりなので、仕方ないのですが
1%でも良い犬を作ろうとする場合には、少々物足りないものでした。

先進国では、40年前からの取り組みがなされており
従ってデーターも充実している上、英国に於いては
一頭のスタッドから生まれた子犬達を、家系全体で調べる冊子も
年に4回発刊されています。

多くのブリーダー達が、このサプリメントを参考にしています。

DNAが解明されている遺伝病は、100%コントロール可能ですが
形成不全のように、多因子が絡んだ複雑な疾患の場合は
現在このようなデータを元に、可能性を極めていくしかありません。

その意味で、今回は家系を見据えた選択繁殖を選んだのでした

この家系全体を見る必要があるという、森先生のセミナー内容を
以下の通り、ご紹介させて頂きます。

*********************************
以下の通り、AとBの本犬自身は血統図で見る限り
共に正常値です。

図1

図2

しかし、以下の通り
AとBを兄妹を含む家系図で見た場合には
明らかに、違いを見つけることが出来ます。

図3

図4

********************************

次に家系選抜について、血統の明らかな犬の家系図を
下記の通り作成しました。

♂親を□、♀親を大きな○で示し、
子犬については性別に関係なく小さな○で示してあります。

評価を行った個体を青で示し、その内CHD罹患犬を赤で示しました。

特徴的に疾患が認められる系統を抜き出しました。☆この部分になります。

この家系図では、♂親Aは1~4までの4頭の♀親と交配を行っており、
いずれの交配においてもCHD罹患犬が生まれていることから、
♂親AはCHDの因子を持っている可能性が高いと推測されました。☆。

また、この家系図では、♂親Cが5~7までの3頭の♀親と交配を行っており、
どの交配においてもCHD罹患犬が生まれていることから、
♂親CがCHDの因子を持っていると推測され、
また、♀親8はDEFの3頭の♂親と交配しており、
DFとの間にCHD罹患犬が生まれていることから
メス親8も因子を持っていると考えられ、
さらに家系図をたどると、オス親Cとメス親8はともにオス親Gを父親に持ち、
この家系ではオス親GがCHDの因子を持っていたために
その子孫にCHDが生じているものと考えられました。

このように、近縁個体の情報を得ることでCHDを系統的に評価でき、
家系選抜によってCHD罹患率の減少がより効果的に行えると考えられます。


図10

*******************************

このセミナー内容は、大変重要であり
今回私がAIを決心した大きな理由でもありました。

残念ながら、日本では此処まで家系を辿ることが
出来なかったからです。
しかし近い将来、データを積み重ねて
日本でも、この様な検索が可能になることを願っています。

その為にも、私達は一頭でも多くの検査・評価を継続して
そしてデータを積み上げていかねばなりません。


ブリーディングに関わっている以上、
私達はそこから何らかの利益を得ることになります。


商業ブリーダーさんに於いては、金品かも知れませんし
私のようなシリアスにとっては、喜びかも知れません。

しかし、種類はともかく何らかの喜びや利益を得ている以上
それに対する義務は果たさねばなりません。

この事を肝に銘じ、将来は日本でも海外並みの検索ができる状況を
私達で作っていこうではありませんか。
そしてそれは、私達に将来必ずや
得難い利益をもたらしてくれると確信しているのです。




【2009/03/02 20:19 】
未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
さかのぼりブログ 後書き
今日は寒くなるのかと思っていましたが
暖かくて良いお天気でした。
中部の2デーショーに行っておられる方々、お疲れ様。
明日も頑張って下さいね。

あと少しで、2月も終わろうとしています。
明日から3月、弥生。

愛しいモリモリ隊も、生まれたときは
こんなに小さかったのに・・・・・

2-15 7pups

丁度2週間目の今日は、すっかり大きくなって

2-26 lpups

みどりちゃんの目が、少し開き、ヨロヨロしながらですが
2~3歩なら歩けるようになりました。
あちこちに移動するので、今日からサークルで囲みました。

さて、これまで さかのぼりブログとして
今回のAIのプロセスを、こと細かく書いてきました。
ここからは、後書きとして
AIに対する思いや、考えを書かせて貰いたいと思います。

いつもの通り、後書きが少し長くなりますが・・・・・

まず私が今回さかのぼりブログで、毎日記してきたことは
決して自慢話をしたかったのではありません。
また、嬉しがってAIに挑戦したわけでもありません。

私にとっても、初めてのAIと言うものの実際的な手順を書いたのです。
勿論、初めて挑戦したAIが成功し
日本初の子犬が生まれたことは、素直に嬉しく、
そして誇らしく思っています。

けれども、AIを選んだ理由は、
まず自分がシリアス・ブリーダーであり
私にとってのブリーディングは、自分のために
良い犬を作って残して行き、自分のラインを作り
そして、いつか自分が描く最高のラブを作りたいと言う、
そのたった一つの大きな理由から
最低限で、最高のブリーディングをしたかった
為。

それでは、最高のブリーディングとは
勿論、自分の為に、愛するラブラドールの
最高の犬質と、健全性、そして性格というものを求めた結果
AIしか選択肢が無かった・・為。

去年に開催したKLRCショーの時に
セミナーでJAHDの森先生が講演された内容を
覚えておられる方も多いかと思います。

その講演内容は、とても重要でした。

森先生と先日お話ししたときに、セミナー内容を公開する
許可を頂いたので、今一度その内容をブログで
紹介するつもりですが
このセミナーが、私にとっては大きな意味を持ちました。

出来る限り、1%でも健全性の高いラブラドール
そして犬質は勿論ですが、スタンダードにきっちりと明記されている
「攻撃性や、臆病性はかけらもない」という
ラブとして、犬質同等に大切な性格を考えて
1%でも良いラブを作る為に、広い視点で見つめた結果なのです。





【2009/03/01 00:15 】
未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。