遺伝・・・??
こんにちは。

今日は同窓会ランチに行ってきました。
久しぶり・・と言うより、この懐かしい中学校のクラスは
毎年同窓会を開いていて、いつ会っても
いつもあの頃に戻れる仲間達です。

寒い一日でしたが、ここ最近とても多忙だった私にとっては
気の置けない懐かしい仲間達との、楽しいひとときでした。

今日は、ゆっくりして我が家でお嬢達の顔を見ていると
ジャスミンもロータスも、なんてお母さんに似ているのだろうと
つくづく思ったのです。

ロータスは、お母さんの、ローナ・デューンにそっくりだし

ローナ・デューン

doone_20090125204312.jpg

ロータス

08-3-30.jpg

ジャスミンに至っては、お母さんのどーラにそっくりな
息子のグンマ(幼名・冬彦)も、これまたそっくり。

ドーラ

dora.jpg

ジャスミン

face1_20090125205031.jpg

グンマ

img20081004_p[1]

う~~ん、親子ってよく似るんだ。
遺伝の力って、凄いっ!!


そう言えば先日、親戚の叔母が
母の衣類の整理に駆けつけてくれました。

相次ぐ母達の死と、それに続く 「お逮夜」
(納骨まで、毎週決まった日に集まって法事をするのです)
そして年末・年始と大変忙しかったので
何一つ手を付けないままだったのが
叔母が来てくれたお陰で、重い腰を上げて
母の衣類を整理することが出来ました。

一年ほど前に、一度古い衣類を整理して捨てたのですが
それでも改めて整理すると
何と大きい段ボール箱に、9箱もお洋服がありました。

box.jpg

叔母が二箱、形見に持って帰って
二箱は、くたびれたお洋服を詰めて捨てることにして
新しいお洋服を詰めた5箱は、寄付をすることに。

生前、母は私に
お洋服を買い過ぎだから、もっと控えるようにと
口やかましく言っていましたが
もしかして、「買い物好き・洋服好き」
これは母の遺伝だったのか・・・と思いました。


スポンサーサイト
【2009/01/25 21:02 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
ラブラドール・レスキューのお願い
友人から、ラブラドール・レスキューの協力依頼が
ありましたので、了解の上でブログで紹介させて頂きます。

内容は、以下の通りです。


****************************

黒ラブ 牝 八歳
体重 : 18キロ
名前 : ブラッキー

飼い主が亡くなったため、その息子と親戚が
この母犬と息子親子共々保健所に
持ち込み、処分を依頼しました。

その後、ボランティアが引き取りました。

母犬(本犬・ブラッキー)は
フィラリアにより、腹水が少し溜まってきている状態で
ちょくちょく病院にいっていますが
今は元気で食欲もあります。

フィラリアのかなり末期ではないかと思われるので
たぶんですが 長生きはできないと思われます。

それをご理解していただいた上で、
(こちらでは保護してケアはできても、
沢山の犬たちの中で、 なかなか充分な愛情を
かけてやれないのが現状です)

もし、今以上に、最期を少しでも家族として
大切に楽しい時間を過ごさせて貰える環境を提供してもらえる
奇特な方がいらっしゃるならば
たとえ短い期間でも一般家庭の幸せを
与えてやりたいと思ったのです。

この子は あんまり運動はできないので
お庭で少しチョロチョロできるような
感じでも運動は十分だそうです。
ゆっくりしか歩きません。
階段は少しきつそうです。

飼い主が亡くなったあと
飼い主の息子たちにかなりの仕打ちを受けたのか
悲しい表情が気になります。

人にとても甘えたい子で、べったりです。室内飼いでゆっくりとした時間を
過ごさせてやりたいのです。

現在利尿剤を与えているので
とてもおしっこは近いです。

食べ物に対してだけは、とても執着心があるので
多頭の場合や子供は気をつけてもらったほうがいいでしょう
他は問題なく優しい子です。

預かり様に関しては長期希望です。
短気でバタバタ移動させるのは精神的、肉体的負担が大きいと思われますので。

京都市にお住まいならば 病院は今こちらで通っているところであれば
費用負担はこちらでいたします。

預かり様指定の病院であれば
料金のほうはかなり上限がありますので
ご相談させて頂きたいと思います。

あとフードに関しましては、こちらがお渡し致します。
ただもしおまかせできるのであれば、ご好意はもちろんありがたく受け入れて
お願いさせていただきたいとおもいます。

里親様(一時預かり様共に)に関しましては
事前にお宅に訪問させていただき
先住犬との相性や、ご家族様との関係を、
お試し期間で設けさせて頂いた上

誓約書等を書いて頂きたいと思っております。

命の譲渡
ということで、慎重にお話を進めて行きたいと
願っていますので

よろしくおねがい致しますm(_ _)m

******************************

ブラッキー

TS3A0347.jpg

TS3A0348.jpg




**************************************

上記の通りです。

ご自身や、お友達などのお心当たりで、お一人でも多くの方に
ご検討頂けると有り難いです。

尚、もし何かご質問など、ございましたら
以下のHPが窓口となりますので
そちらへ直接ご連絡頂きますよう、お願い致します。

保健所のレスキューをしているメンバーさん達の

「HUG」と言う会です。


http://kyotohug.upper.jp/

どうぞ宜しくお願い致します。


【2009/01/18 17:39 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
寒ぅ・・・
こんばんは。

この頃寒いですねぇ。
毎日本当に寒いです。

今日も朝のランは、飲み水が凍っていて

1-15-1.jpg

頑張って茂っている、クローバーの上にも
粉砂糖を振りかけたように一面の霜。

1-15-2.jpg

芝生も一面に霜が降りていても
ボール大好きの、ダイアナとジャスミンは、元気いっぱいで
投げて欲しいとせがみます。

1-15-4.jpg

ロータスは、ボールが好きじゃないのに
ジャスミンがキャッチすると、それを横取りに行くのが好きです。

1-15-5.jpg

それからは、ボールそっちのけで
朝から三つ巴のバトルが始まるのですが
こっちは、寒くて・・寒くて・・・早く帰りたいなぁ。

1-15-7.jpg

そのうち、ロータスとダイアナが睨み合って
黒組のバトルになって、朝の運動が終わる。
いつもの朝の風景です。

1-15-6.jpg

こんな寒い真冬ですが、うちにはホットなニュースが届きました。
また次にでも・・・

【2009/01/15 22:10 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
けじめ
昨日は寒いながらも、良いお天気になりました。
私達は、母の納骨のため
丹波地方にある、田舎の菩提寺に行きました。

折からの寒波に見舞われて、寒い日でしたが
冬晴れの美しい日。

朝から26人乗りのマイクロバスを借りて
いざ出発。

すっかり晴れ渡った京都市内と比べて
目的地が近づくと、辺りは雪景色。
高速から見える山々も、雪化粧をしています。

1-11-1.jpg

高速を降りて走ると、並木の木々も雪化粧。

1-11-2.jpg

更に、菩提寺は階段が多いので・・
雪を予想して、雪靴を持ってきて良かった!

1-11-3.jpg

登って行くにつれて、雪が深くなります。
頭上の木の枝から、風に舞った雪が降り注ぎます。

1-11-4.jpg

墓地にある、無縁さんの塔

1-11-5.jpg

沢山の親戚が寄って下さり
一つのけじめを付けることが出来ました。

山門を出るときには、また感無量。

1-11-6.jpg

臨済宗のお寺で、戒律も厳しいのですが
導師様は、とてもくだけた方で
心のままに、良いと思うことをしてあげなさいと言って下さいます。

普段は、不埒な私ですが
さすがに心が引き締まる思いです。

導師様のお話の中で、印象に残ったのは・・・・・

宗教というものは、二艘の船に例えられます。
大海原に浮かぶ、二艘の船を思って下さい。
見た感じは、全く同じです。
でも一つには、重い錨が降りていますが
もう一隻には、錨がありません。
宗教は、この錨のようなものです。

ここに大嵐が来たら、二艘の船は同じように
大波に翻弄されます。

宗教を持っているからと言って、嵐を避けることはできません。

しかし嵐が去ったとき、錨がある船は
元の場所に戻ることができますが
錨のない船は、どこかへ行ってしまいます。

この様に、宗教は災いを避ける手段ではなく
如何に苦しい嵐に見舞われても、それが去ったときに
元の静かな自分に戻れるための糧なのです。



【2009/01/12 13:59 】
未分類 | コメント(1) | トラックバック(0)
回想ブログ、おまけ話 と DVDのお知らせ
寒い日になりました。
今朝は、湿気の多い雪が降り
ランには溶けかけのシャーベットみたいな雪が
積もっていました。

回想ブログのおまけ話を少し・・・

京都祇園の素晴らしい舞妓さんに
すっかり魅了されたサウジーは、
あの後、思い切って芸妓さんに変身!
結構アジアンテイストなので
違和感なく、とても綺麗に似合っていた!
その貴重な姿は、本人がCDに入れて貰って
大切にお持ち帰りになりました。

そして、あの膨大なお土産
うちに忘れていったのであります。
ジョンさんご夫婦が帰られた後、片付けをしていて
ん・・?、この大きな袋、何だろう??と、見てみると
ありゃ~~、これは困ったなぁ・・・・

お洋服、浴衣、スタバのマグカップ、果てはスケボーまである。
どうしよう・・?と思っていると、メールが届き
忘れ物してなかったぁ~~??

ありますよ、あります。沢山、沢山、忘れています。

それで、必要な物だけ送ってあげようと
超重たいスケボーと、マグカップを省いたリストを送ると
え~~っ?、スケボーとマグも入ってない??
あ~~・・しっかり覚えてる・・

それでこれら重たい荷物を送る羽目になったのでした。

その上、持ち帰った複数のスーツケースも
実は、他のお土産で膨れあがり
規定の重さを可成り超えていたため
アメリカから持って帰ってきたグッズのスーツケース一つは
散々考えた挙げ句、持ち帰るのを断念し、
「来年来るときに、持って来て」と言うことで、まだ此処にある・・・

まぁ、いつもお世話になってるし、仕方ないか。

今回はアメリカから持ち帰ったエクステンダーも
貰ったことだし・・・・と納得。

そう言えば、此処に滞在しているときは
うちのお嬢達も、よく叱られていたっけ。。。

一度、食事をして帰ってきたら
サウジーがお嬢達を怒鳴る声が・・・
Who did it !!???
(これ、だれがしたんや!!??)

見ると、ハサミが噛んで潰してあった。
普段は悪いことしませんが、普段と違う雰囲気で
お客さんも居て、外出も多かったので
お嬢達も落ち着かなかったのかも知れません。

そんなこんなで、楽しく過ごして頂けて何より。
今年は余分のスーツケースを抱えての渡英になりそうですが
LRCの単独が、今年は2デー・ショー。

それも私の誕生日に開催。
(全くの偶然で、何の関係ないのですが・・・・)
とても楽しみです。

***********************************

今日から日本列島には冬将軍が到来。

明日は母の納骨で、北部の方まで行くのに
道中ダイジョウブかなぁ・・って心配しています。
こちらからは総勢16人の大移動。
マイクロバスを借り切っての移動です。

でもお天気が悪いので、来週にしよう・・という訳にもいかないし
取りあえず、気をつけて行きます。

***********************************

KLRC DVDのお知らせ

昨年は、予期せぬ出来事と年末年始が重なり
ショーのDVDが遅れていましたこと
改めてお詫び申し上げます。

ご注文頂いた方々には、本当にご迷惑をおかけしました。

ようやく編集チェック済の物をスタジオに送り
本日再チェック用DVDが届きました。
この3連休で再チェックし、遅くとも来週中には
製作・発送が出来るようにしたいと思います。

遅くなって申し訳ありませんでしたが
頑張ってやります。
もう少しでお手元にお届けできると思います。

宜しくお願い致します。

************************************

【2009/01/10 11:57 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
回想ブログ つれづれに
少しサボってしまいましたが
つれづれに回想ブログを続けます。

・・・と言う訳で、京都人の私でさえ感動するような
素敵な夜を過ごして、次の日からジャッジご夫婦は
私の家でホームスティ。

いつも英国では泊めて貰うので
もう気兼ねのない間柄。

記念品にシールを貼ったり
ショップの準備をしたりと、ジャッジも巻き込んで準備に大忙しでした

ショー当日は、まずまずのお天気に恵まれました。
北は北海道から、南は熊本まで、
日本中から集まって下さった、
私の大切な、沢山のラブ仲間達。

そして関東から来て下さったJAHDの森先生、
オーストラリアから駆けつけて下さったGTGの方々
ショップを出してくれた友人、
素敵な副賞を提供して下さったロイヤルカナン。デモンストレーションを見せて下さった、関西盲導犬協会の方とワンちゃん。
準備を一生懸命にお手伝い下さったクラブ員さん、
写真とDVDを担当して下さった方々。

超ワガママな注文を聞いて下さった、印刷屋さんと
お弁当・記念品担当のデパート。

応援の広告ページを送ってくれた、日本と世界のラブ仲間。
会場に綺麗なお花を届けて下さり
文字通り、花を添えて下さったお友達。
前日から泊まりで、見に来て下さった先生方
会場に駆けつけて下さった、組織の方々
一生懸命務めて下さったスチュワードのお二人。
無理矢理お願いして、司会を務めてくれた友人。

セミナーと懇親会のために、度重なる相談に乗って下さったホテルの
担当者の方々。

一緒に開催して、協力し合ったアフガンのお友達。
沢山人手を貸して下さったお友達。

応援し、励まして下さった沢山のラブ仲間たち・・・・・

私一人の努力なんて、微力なもの。こうした沢山の方々のお陰で、良いショーになったことを
今改めて思い返しても、本当に、本当に、有り難く思います。

ショー当日は、夢中で、また多忙で
行き届かないところも多分にあったと思いますが
印象に残っているのは、マイクの位置を決めているときに
ジャッジに、「リンクに向けてマイクを置くなんて、もってのほか、
犬が動揺するじゃないか!?あっちへ置け」
と叱られた事。

そして審査の途中に、用意したウエット・タオルに
またまたジャッジからクレームがつき
「これで手を拭くと、アルコールの匂いで犬が嫌がる。
普通の水で濡らしたタオルに替えて欲しい」
と言われた事。

主催者として、犬がリング内で一番良い状態になるようにする
配慮をジャッジから教えて貰いました。

ショーの結果は、それぞれに意見もあると思いますが
去年ポトマックのリングサイドで、私とジョンさんと
英国ラムジービルのマーガレットさんご夫妻と、もう一人別の
ジャッジ資格がある方と、5人で牝リンクを観戦していた際に
5人が選んだ犬は、全部違っていました。

そう思うと、単独展とは、結果だけでなく
もっと得るものがある筈ですし、それを得られなければ
良いブリーダーにはなれないと思っています。

また幾ら素晴らしい条件を備えていても
ブリーディングが一人では成し得ないように
ショー開催や、犬種の向上も、一人では成し得ない。

英国やその他の先進国と比べて、まだまだ歴史も浅く
犬自体の社会的地位も低く、意識や知識も未熟で
ブリーダーの底辺数も少なく、様々な環境も決して良くは無い日本で
これから私達ブリーダーが、今後どうあるべきか
今後どうするべきか、という答えの一部分でも
このショーで感じて頂ければ、これほど嬉しいことはありません。


新しい年を迎えて、思うことは
一昨年と去年に、私の廻りで起きた、ラブにまつわる出来事は
良きも悪きも、私に大きな感動を与えてくれました。

そして今なお、ラブを続けていて良かったと言い切れます。

今回オーストラリアから来て下さったGTG(社)の
様々なDNA検査を受けられた方々は
70頭にのぼりました。
大変な反響で、GTG(社)の方も喜んで居られましたが
私も大変嬉しく思いました。

後に沢山のジャッジの先生方や、組織の方々に
ショーでDNA検査を実施したという試みを
高く評価して頂きました。

海外では、ショー会場にアイチェックや、DNA検査、
またAIの為のバン(車)が来るのは当たり前です。


沢山のブリーダーが、ショーのついでに検査を受けます。

そう思うと、本来はJKCがこの様な試みをして下さると嬉しいのですが
まずは自分のショーで一石を投じられたことは
そして沢山の方が、検査を受けて下さったことは
本当に嬉しいことでした。

あれもこれも、皆さんのご協力の賜です。
心から感謝しています。




【2009/01/07 20:42 】
未分類 | コメント(1) | トラックバック(0)
回想ブログ・・つれづれに・・
回想ブログ・・・つれづれに。

買い物パワー、大ブレークの一日が過ぎ
ジョンさんの疲れとストレスは、相当なもの??!!と思い
翌日は京都観光へ。

まだ紅葉には少し早い時期ですが
去年は「源氏物語千年紀」と銘打って
色々なイベントが盛り沢山の京都だったので
多分いずこも大賑わいだろうと、懸念していました。

方向音痴で、運転が苦手・へたくそな私を助けるため
この日は、友人が駆けつけて下さいました。
Nさんの運転で、まずは金閣寺へ。

大賑わいの金閣を後にして
Nさんお勧めの、曼殊院へ。
さすがにNさんお勧めだけあって、ここは穴場でした。
綺麗だし、静かだし、とても素敵でした。

10-30.jpg

ここでお昼を食べて、その後は清水へ
実は清水の参道(三年坂・産寧坂)あたりは、
これまた土産物がずらり~~~そして、やっぱり此処でも再びサウジーが大ブレイク。
ジョンさんは、溜息・吐息で、お疲れ気味。
でも感心したのは、腹の中では
「ええ加減にせい・・」と思っていたとしても
さすがに英国紳士。
全く文句も言わず、ただただ耐えていた姿が印象的でした。

ご存じの方も多いと思いますが
京都には、和服や舞妓姿で観光をするプランがあります。
なので、清水辺りでは時々舞妓さん姿を見かけます。
以前、動物写真家のデービッド・ダルトンが来たときも
舞妓姿を見て、必死でシャッターを押していました。
舞妓さんは、普通は昼間に正装しないので
私達には、本物ではない。と分かるのですが
喜んでシャッターを押しまくっていたデービッドには
そのことは言いませんでした。
でもサウジーは、メモリー・オフ・ゲイシャという本を
読んだらしく、容易に騙されず
「あれは、偽物だよね?」と見破っていました。
(この物語は、多分映画「SAYURI]」の原作だと思います)


その夜は、Nさんの計らいでギオンでお食事をご馳走になり、
ここの上品なフランス会席料理に、二人は大感激。
そして、昼間の舞妓の話になったので
またまたNさんの計らいで、今夜は本物の舞妓さんと遊ぶことに!!

これには私も大ブレーク!!
だって、なんぼ京都生まれの京都育ちや・・て言うても
ほんまもんの舞妓さんと遊べる機会なんか、滅多にあらへんし。

さて、Nさんに連れて行って貰ったお茶屋さんに
来てくれはった舞妓さんは・・・

じゃや~~~んっ!!
その名を、とよ帆さん、言うて、ほんまに可愛らしい舞妓さんやった!!

maiko2.jpg

私も初体験。やったけど、
その可憐さ、その雰囲気、そのオーラ、
その愛らしさ・・・・・言葉にならへんくらいやった・・


もう私とサウジーは、目が点。
ほんまに妖精みたいに、素敵やった。

で・・みんなで泣きそうになりながら、記念撮影。

maiko3.jpg

ゲイシャ物語を読んだサウジーは、質問しまくりで
本当に素敵な夜を過ごしたのでした!!

Nさん、ほんまに、おおきに。



【2009/01/05 00:16 】
未分類 | コメント(1) | トラックバック(0)
回想ブログ・・・・
回想ブログをつれづれに・・・

ジャッジにお願いしたジョン・クルーク氏が来日されたのは
10月28日。
この日、ジョンさんはヒースローからJALで関空へ到着。
まずは私が関空へお迎えに。

そして奥さんのサウジーさんは、この日の夜に
アメリカから成田経由で伊丹に到着されました。

長旅でお疲れだと思い、まずこの日は市内のホテルにチェックイン。

翌日は、まだ旅の疲れもあるだろうと遠出は控えて
ホテル近辺の河原町辺りにお買い物に行きました。
この辺りは、観光客には最適な買い物スポット。
京都という土地柄、特に海外のお客様には
何度も揃う絶好の場所です。

例年英国へは単独展観戦に行っていますが
英国の物価の高さには、毎年泣かされる私。

ロンドンでは、まず地下鉄の初乗り運賃が、4£。
今は円高ですが、ほぼ200円だとすると、
一駅が800円の計算で、近い場所なら無理して歩いていました。
また、紅茶で有名なフォートナム・メイソンで
午後ティーをしたときには、二人で何と!80£!!
つまり紅茶と小さいサンドウィッチ・プチケーキのセットが
二人で16000円なり!!
これにはさすがの私もひっくり返りました。

ポンドに両替して入れてある財布には
穴が空いて居るんじゃないか・・・と思うほど、
お金がどんどんと減っていく・・・
何をしても、何を食べても、超物価高。

そんな国から来られたサウジーさんは、日本の安さに大ブレーク!
うんざり顔のジョンさんを尻目に、買い物しまくり。
山盛りのクリスマスプレゼントや、自分の洋服、民芸品、
果ては浴衣や帯や下駄まで買う始末。
まぁ、喜んで貰えて良かったのですが・・・

この膨大な買い物の品々を、持って帰るのを忘れてしまった・・
おまけ話までありますワン。

そんなこんなで、日本初日の
この日は、大満足で無事に一日が終わったのでした。
【2009/01/03 22:50 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
仲良し・・・?
我が家の3歳組、ロータスとジャスミンは
とっても仲良し。

10-27_20090102185000.jpg

二人は決まって同じ時期にシーズンを迎えます。

去年の夏、無事にママになったジャスミンと
残念だったロータスですが、
次のシーズンはまだまだ先・・だと思っていたら
また今回も一日違いでシーズンを迎えました。

まぁ、一度に済んで助かるのですが
困るのは、シーズンが始まって暫くすると
二人でしょっちゅう、マウンティングをすることです。
これには参るので、この時期にはメッシュのケージが出現。
つまり仲良し組を引き離す作戦です。

どちらでも良いので、時々片方をゲージに入れるのですが
ふと油断すると・・・・・
何かケージの形がいびつになっているので、見てみると・・・
なんと、3頭とも全員がギュウギュウ詰めになって、入っている・・?!

6.jpg

最期に無理矢理入ったのか、ジャスミンの顔は
ネットに押しつけられて、むぎゅ~~とつぶれている。

5.jpg

そう言えば、以前にベッドを貰ったときも
どんぶり猫、ならぬ、ベッド・ラブになって
一頭用のベッドに、むりくり3頭が入っていたっけ。。

bde3-1.jpg
bed3-2_20090102191304.jpg

仲が良いのか、張り合っているのか・・
どうも分からん、我が家のお嬢様達。
今年も元気溌剌で、いい感じです。


【2009/01/02 19:18 】
未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
おめでとうございます
新年明けましておめでとうございます。

2009年がやってきました。
まずまずの天気で、それほど寒くない元旦。

今年は喪中なので、初詣も無し。
いつもは暮れから気合いを入れて
おせち料理に取り組みますが、今年は初めてサボりました。

でもお酒を飲まない我が家では、食べることだけが
楽しみなので、今年は近くの仕出し屋さんで
おせち料理を買いました。
大好きな、鴨ロースや海老料理だけ作って
大好きなお餅を少しだけ搗いて
あとはパス。

今朝は、昨日届いたおせちを楽しみに開けて見ました。

う~~ん、なかなか良い感じ・・

1_20090101191455.jpg

さてさて、中身は・・??

2_20090101191610.jpg

盛り沢山で、嬉しいなぁ。

家族全員が大好きなお雑煮は、頑張って作りました。
京都は、ポタージュスープほどトロリと仕上げた
白みそ仕立てに、雑煮大根と呼ばれる直径2cmくらいの
小さな大根を入れます。

3.jpg

食べるときは、血合いを取り除いて
上品に仕上げた、鰹節を載せて食べます。

4.jpg

この椀は、娘のお椀。
入れてある紋は、実家の紋。
京都の女の子は、嫁してからも実家の紋を使い
一生婚家の紋にはならないので、この椀を持って嫁ぎます。
(さて、いつ頃お嫁に行けるかは全く未定ですが・・・・)

朝もゆっくり起きて、一日中のんびりと過ごしました。

明日は初売りに行ってみようと思います。
さして欲しいものは無いけれど、少し動いてみたい気分です。

皆さんは、どんなお正月を過ごしておられますか?
今年も単独が2回もあるようですし
LRC単独展も、2デーショーになるようなので
とても楽しみにしています。

今年も頑張るぞ~~~。

皆様、今年も昨年同様仲良くしてくださいね。
どうぞ宜しくお願い致します。






【2009/01/01 19:28 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |