Mardas Kennel訪問記
今日は、雨こそ降りませんが
とても蒸し暑い日です。
じっとしていても、汗が滲んでくるような暑さです。
梅雨明けして、かっと照りつけるような暑さの方が
まだマシだなぁ・・なんて思っている私です。

さて、先日この秋に開催される群馬ラブラドールレトリバークラブの
単独展をご紹介しましたが、その中に書いたように
丁度イタリアから送られてきたラブラドールの雑誌の中に
マーダス・ケンネル訪問記が載っていましたので
ご紹介いたしますね。

********************************

イタリアから来た雑誌
20070626161150.jpg



マーダス・ケンネル訪問記(イタリアのラブラドール雑誌より)
 ****有名英国犬舎を訪ねて
****

時おり青空がのぞく曇り空を風が吹き抜けていた。
北へ延びるM16高速の6番ジャンクション辺りでは陽光が射してきた。
私達はA614ルートに沿って走った。

ノースヨークシャーに入ったと知らせる標識を
過ぎると、小さな村に辿り着いた。
英国伝統の皆同じ様な色と造りの家々が並ぶ。
程なくSnaithに隣接するカールトン村に着いて、
村のメインロードに沿って進んだ。

そしてマーレーン&デービッド・ヘッパー夫妻の有名犬舎、
「ウイローズ(柳屋敷?)」と
呼ばれるマーダス・ケンネルに到着したのだ。
私達が到着すると、オーナーのマーレーンさんが門の側に来て、
私達を家の中へと案内してくれた。

すぐに私達は、家の中で飼われている2頭のブラックの牝、
Ch.Mardas Mona Lizaと
Mardas Shooting Starの穏やかな吠え声に迎えられたが、
すぐに吠え声は止み、親しく挨拶を交わした。



家の中には、沢山のドッグショーで獲得したロゼットが
誇らしげに飾ってあった。
インターナショナルドッグショーのサティフィケイトが、
マーダスのラブ達が世界中でチャンピオンになっていることを
示している。
そしてフレームに入れられた重要なStud Bookサティフィケイトが、
他のチャンピオンを示している。

つかの間の会話の後、すぐにマーレーンは彼女のラブを見せるために
私達をコテージのすぐ前の庭に案内する。

彼女は私達に、ギリシャから到着して数日しかたっていないという
若い牡の黒ラブを紹介した。
その犬の名前はAris at Mardasで、父はMallorns Famous Grouse、
母はインターナショナルウィナーのMardas Opera Babeである。

このギリシャの犬舎Posidonioから来たAris(Finnと呼ばれている)は
このイギリス犬舎の新しい兆しを象徴していた。
写真を撮り、ラブラドールについて話した後、
私達はコテージの後ろに移り、
ここで、生い茂った木々が犬舎に影をつくっている広い庭を見た。

この犬舎には3色全てのラブラドールが15頭所有されていて、
1頭ずつ丁寧に見せてもらった。


20070626161643.jpg


右がMardas Mona Liza
左はMardas Mark A Way

つづく・・・・
スポンサーサイト
【2007/06/26 16:21 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
素敵な単独展のご紹介
今日は梅雨らしく、雨の一日になりました。
じっとりと湿気は多いですが、あまり暑くなくて助かります。

これから夏場はショーのオフシーズンですが
今年の秋には、素敵な単独展がありますよ!

以下の通り、ご紹介致します!!

********************************

    JKC群馬ラブラドール・レトリバークラブ
        !!設立記念単独展!!


日時:2007年11月24日
場所:群馬県前橋市富田町2400-1
   J・A前橋ちびっ子広場イベント会場
   (北関東道 駒形ICより5~6分)

BISSジャッジ:Mrs.Marlane Hepper(英国マーダス犬舎)
       2006年の英国クラフト展に於いて
       ラブラドールの牡クラスを審査されています。


主催:JKC群馬ラブラドール・レトリバークラブ
   代表 鈴木 英行
事務局:〒371-0811群馬県前橋市朝倉町1-4-7
    ℡:027-263-2250
    email:tango922@amber.plala.or.jp

********************************

尚、この会場でPRAに関するDNA検査(GTG社)を実施予定です。
PRAに関しては、現在日本国内に検査機関がないため
このチャンスに是非とも検査を受けて下さい。
PRAに関する情報は、ラブラドール・ブリーダーズ・クラブ・
オフ・ジャパンのHPでご紹介しています。
以下のHPにアクセスして下さい。

http://heartland.geocities.jp/lrbcjp/

またショーの終了後には、ジャッジを囲んでの懇親会も
予定していますよ。どうぞお楽しみに!!

英国マーダス犬舎については、丁度イタリアのラブラドール雑誌に
記事が載っていましたので、追々アップするつもりです。

夏場はゆっくり休んで、秋のショーを楽しみにしましょう!!
【2007/06/22 15:45 】
未分類 | コメント(1) | トラックバック(0)
パピー・サバイバル・ガイド その6
今日も梅雨とは思えない晴天で、暑い日でしたね。
これから先が思いやられる今日この頃です。

さてパピー・サバイバル・ガイドも終盤に入りました。
もう少しお付き合い下さい。

********************************

子犬が持っている物は、どんな物でも、それが貴方の物である事を
常に教えて下さい。

子犬が噛んで遊んでいる、オモチャや骨を取り上げて
また戻してやります。

或いは、食事の最中に食器に指を入れたり、その中身に触れてみる
時にはフードの入った食器を取り上げて、また戻します。
こうした事は、子犬に「自分のボスは人間だ」という
基本的な事を教えるのに役立ちます。

普段から、この様な行為に慣らしておけば、他の人が
食事中に近づいても、うなり声を出したり、時には攻撃したりの
事故を未然に防ぐ事が出来ます。
この様な場面で、子犬が自分の方が上だと思っていると
人に怪我をさせる危険がありますので、注意してください。

監視の下で、大人の犬と同じように、子犬にも
家の中や、庭の色々な所を冒険させてやりましょう。
そして時々は、子犬の探検に恰好な、目新しく安全な
障害物を用意してやって下さい。
それは、よじ登れるような丸太、駆け上ったり降りたり出来る
低い傾斜路、這って通り抜けが出来るトンネル、
或いは、容易に飛び込んだり、出たり出来る遊び用のプールなどです。
この様な障害物と遊ぶ事で、子犬は段々と度胸を付け
そして自分の可能性への自信を強めていくのです。

ひとまず子犬が一連の予防接種を済ませた後は
リードを付けて、新しい場所へ連れ出しましょう。
子犬が通りすぎる車などを怖がっても、そうかそうか・・と
甘やかすことなく、少しずつ慣れさせましょう。
その代わりに、こんな時は、いつもの調子で楽しく話しかけます。
この事で、何でもない、大丈夫だと安心させるのです。
暇つぶしに、子犬を連れて、お店などにも行ってみましょう。
すると、見知らぬ人達が寄ってきて、子犬に触ったりするでしょう。
この事は、とても大切な事です。
しかし私は、自分の子犬が他の犬に飛びつかれたり、乗られたりしても
大丈夫なほど大きくなるまでは、犬の多い公園に行くのは
お薦めしていません。


その代わり、パピークラスへの参加をお薦めします。
この様なクラスは、経験豊かな訓練士や、他の飼い主達の
監視の下で、貴方の子犬が同じ年齢の子犬たちとじゃれ合って
遊べる良い機会です。
またそこで、座れ、待て、来い等の基本的な命令用語で
人間に服従する事を教わります。

パピークラスを終えると、次は初級クラスになり、その後も
次の段階に進んでいきますが、出来れば続けて下さい。
たとえ貴方が、基本を教え込む方法をよくご存知だとしても
貴方の子犬が、他で実際に学んで得た経験は欠く事の出来ない物です。
貴方はきっと将来教わって良かったと思うはずです。

貴方が複数の子犬を飼っている場合は、子犬たちを正しく
社会化させていくには、それぞれ別々に連れ出して
本式にしつける事が大切です。
子犬同志で一緒に遊んだりしていると、子犬はハッピーです。
それでも、それぞれの犬は、一頭だけで貴方と一緒に居たいのです。
その方が自信がつきます。
彼らは、ちゃんとしつけていれば、どんな立場に置かれても
平気で、且つ強固で居られます。
貴方は、普段は複数の犬達と一緒に過ごし、また歩きますが
たまには、一頭ずつ別々に過ごす事も大切です。
時々は、一頭だけ連れてドライブに行きましょう。

貴方と可愛い子犬の幸福を祈っています。
もし質問なり、犬達にまつわる話を分かち合いたいと思った時は
遠慮無く繁殖者に相談して下さい。

***********おわり*****************

如何でしたか?
この小冊子は、ロータスが持ってきた物ですが
沢山学ぶ事がありました。

それぞれの家庭での環境は異なると思いますが
ご自分で納得された箇所があれば、参考にして下さい。

私の補筆ですが、子犬を迎えた時、真っ先に必要なしつけは
やはりトイレのしつけだと思います。
このガイドでも、また他の本でも、お水は常に新しい物を
いつでも飲めるように置いておく。と指導していますが
私は、水を制限しています。
子犬の時に、床に水の入った容器を置いておくと
確かにいつでも飲めますが、時々はひっくり返したり
水で遊ぶ癖が付いたりします。
すると、どうしても叱るでしょう?
子犬の時期は、つまらない事で叱る事は
なるべく避ける方が良いと思います。
叱る原因は、出来るなら排除したいでしょう。

基本的に、子犬を迎える場合は、常に誰かが家に居る事が
必須だと思いますので、私は水を置いておかずに
ご飯と同じように、時間を決めて与える方法をお薦めします。
24時間いつでも水を飲む必要はありません。
私は、大体2時間おきくらいに、お水をあげます。
そして飲み終わったら、さっさと片づけてしまいます。
こうすると、大体のオシッコの時間が決まります。
大体お水を飲んでから1時間半か2時間後がオシッコタイムです。
こうする事によって、オシッコに連れ出す時間も決まり
とても楽です。
そして夜は、8時半頃に最後の水を与えて、10時半頃に
最後のオシッコをさせて寝かせます。
すると生後2ヶ月くらいの子犬でも、朝までしくじる事はありません。

成長に合わせて、時間を延ばしますが
我が家では、大人になっても、普段はお水タイムを決めています。

こうするとラブも充分に家の中で飼えます。

また貴方のアイデアも教えて下さい。

よろしくお願いします!!
【2007/06/21 17:53 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
パピー・サバイバル・ガイド その5
は~い、こんにち▼・。・▼」」」」ーワンワン!!
梅雨入りしたのに、雨が少なくて
今日は、じっとりした暑い日になりました。
そろそろ朝夕の運動も辛くなってきましたね。
うちの^(・T・)^達も、この頃は余り走りません。

さてさて、パピー・サバイバル・ガイドの続きを書きます。
もう暫くお付き合い下さいね。

********************************

同じ家庭内で、その子犬が2頭目の犬である場合

子犬が貴方のお家で2頭目の犬なら、前から居る年長犬が
子犬をいじめたりしないと充分分かっていても
最初の数週間は、子犬と年長犬を別々にする方が良いでしょう。

周りに他の犬が居れば、子犬の無駄吠えも少ないでしょうが
この時期、子犬は親兄弟から離れて緊張感いっぱいなのです。
ですから最初は2頭が或る程度離れている方が、貴方にとっても
子犬にとっても、寛いだ生活が出来ます。

またこの事は、子犬に一人で居る事を教える良い方法です。
年長犬が、2才以下の場合は、悪気が無くても
子犬とじゃれ合った挙げ句に、うっかり怪我をさせる場合が
あることも知っておいて下さい。

子犬が2頭目であっても、一人で居られるしつけは大切です。
2頭の犬を同じ家の中で育てる場合、貴方はそれぞれの犬毎に
別々の時間を費やすべきです。

何故なら、それぞれの犬は、それぞれ別々の注意が必要だからです。

貴方が片方の犬と一緒に出掛ける場合、もう片方の犬は
ひとりぼっちになりますね。
犬達は、それぞれこれを我慢する事を学ばねばなりません。
これは両方の犬の感情の安定にとっても大切なことです。

貴方は2頭の犬が、それぞれお互いを頼る事を望んではいけません。
犬同志の相互過剰信頼は、離れた場合の精神的ストレスを
引き起こす原因になります。
また犬同志が、お互いの犬にばかり注意を集中させないで
マスターである貴方に集中させるようにして下さい。

【3】早い時期に人間社会や犬社会に適応させましょう

貴方は、貴方の子犬が将来優しく、強固で安定していて
且つ自信に満ちた犬になることを望むでしょう。
また人間と親しく出来て、大きな音や騒音にも動じず
見知らぬ犬や人に上手く挨拶ができ、楽しく遊べる犬で
あって欲しいと望んでいる筈です。

子犬はその成長過程の早い時期に、人や犬達との関わりの中で
これらに上手く適応出来るようになります。
子犬は、ワクチンで免疫が出来るまで
家の中で飼わなければなりません。
この時期には、お友達を家に呼んで遊んで貰いましょう。

家の中では、手入れに慣れさせましょう


また家では、子犬を背中に乗せる、お腹を撫でる
手足の裏のつ目の間をチェックする、耳の中を覗いて調べる
あるいは両手で両耳を押さえて熱をチェックする
更には、ブラッシングをしたり、仰向けにしたままで
腹をさすったりと、躰のどの部分を触られても
嫌がらないようにし向けることも大切です。


ショーの立ち方を勉強させましょう

子犬の横に跪き、まず片方の手を優しくあごの下に当てて
頭を僅かに前上に向けます。
そして、もう一方の手で尾の先端を背線と水平になるよう
持ち上げます。
子犬が動くようなら、腹の下にしっかりと手を当てたまま
尾を持ち上げて立たせます。
この姿勢は、前肢が前から見ても横から見ても垂直で
更に後ろ肢は、前肢と良いバランスを保ちながら
中足部分が胴体と直角に立っている格好です。

     補筆
(言葉で言うと、ちぃーと難しいですか??
 我がジャスミンが生後3週間目で初めてショーの姿勢を
 勉強した時の画像と、もう少し大きくなった時の友人の
 画像があるので、載せました。写真がある方が
 分かりやすいので、参考にして下さい)



jas3weeks1.jpg



20070620161257.jpg


慣れてきたら、この様に台の上でやると良いですね。補筆おわり

この姿勢を徐々に長い時間保てる様にし向けます。
このハンドリングの最中に、子犬がもがくようでしたら
宥め賺すように静かに話しかけながら、両手でしっかりと
抱きかかえてやります。
そして格好良く、きちんと立てた時だけ手を放して下さい。
この練習は、少しずつ、少しずつやって下さい。

つづく



【2007/06/20 16:23 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
パピー・サバイバル・ガイド その4
頑張ってパピー・サバイバル・ガイドを続ける^(・T・)^!!

無駄ぼえの悪い癖を矯正しましょう!

子犬がドッグランか、または犬舎の中に居る場合のしつけ

まず水とレモン汁を入れた噴霧器を用意します。
子犬が吠えだしたら「静かに!」と命令してから
噴霧器を見せて、顔にレモンジュースを吹き付けます。
これで吠えるのを止めたら、「グッド!!」と楽しく褒めます。
これは吠えるのを止めるまで、繰り返してください。
その後は、噴霧器を見ただけで吠えなくなるでしょう。

子犬がクレートの中に居る場合のしつけ

子犬がバリケンの中に居るときも、同じ手法で
しつけても構いません。
でも私は「揺さぶり方法」を使います。
どうするかと言うと、子犬がバリケンの中で吠えたら
「静かに!!」と命令して、扉をど~~んと叩きます。
こうすると子犬は多分びっくりして、瞬間的に静かになります。
この時すかさず、「グッド!!」と褒めてやります。
でも子犬は、すぐに又吠え出すでしょう。
そうした場合は、上記を繰り返しますが
もし上手くいかないようであれば、バリケンを大きく
揺すってみて下さい。
それでも更に吠えるようであれば、再度「静かに!!」と命令し
すばやくバリケンを押してひっくり返します。
これは子犬にとって相当な衝撃です。
子犬が静かになった時に、すばやく「グッド!!」と褒めます。
多分この手法は1~2回必要かと思いますが
それ以降は、おそらく「静かに!!」の命令と
扉をど~~んと叩くだけで充分だと思います。


私が子犬をバリケンから出すのは、少なくとも2時間は
クレートの中で温和しく出来た後で、吠え始めた時か
トイレに行く時だけです。
私はトイレに連れて行った後、済んだら又バリケンに入れます。
子犬をバリケンから出して遊ばせるのは、
子犬が静かにしている時だけです。。


貴方が留守の時、子犬が吠えていたらどうしましょう?

この問題を解決するために、まず子犬を騙して
貴方が留守だと思いこませておいて様子を窺う方法があります。
その間に吠えだしたら、現行犯を見つけた上で
前記の手法でしつけます。
この方法の問題点は、子犬がそれほど容易に
騙されてはくれない事です。

第2番目の方法として、「無駄ぼえ矯正首輪」を使うことです。
貴方が留守になる時に、この首輪を使います。
吠えるとショックを与える首輪なので、
ショックで吠えるのを止めます。
ある人は、これに反対するのですが、でも留守中に吠えて
結局子犬を手放さなくてはならない羽目になったり
あるいは近所に大迷惑を掛けるのと、どちらが残酷でしょうか?
私は首輪を使います。
この方法は大変効果的ですし、子犬にショックを与えて
しつけることは、どうしても不可欠だからです。

それでも、首輪のショックは、貴方が実際に首に着用してみて
耐えられる範囲内でなければなりません。

そして少なくとも、4~5ヶ月の月齢に達するまでは
この方法を使わないで下さい。


私は首輪を使う際は、常に自分で着用し
具合がどうかを実験した上で使います。
声を出した後は、もう決して放したくない程に
ショックを受けます。
貴方も実際にやってご覧なさい!!

つづく
【2007/06/17 21:46 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
パピー・サバイバル・ガイド その3
忙しくて、忙しくて、気がついたらブログの連載を
10日間以上サボってしまいました・・・

JKC全国総会に行って、関東の友人を見舞って
帰宅して、スーツケースを詰め直して
翌朝、ワン3頭を連れて信州のショーへ2日間行って
帰ってきて、ブロックの会議を3回こなして、
インターの決算を仕上げて、エステに行って
オーストラリアから友人が来日して
遠方の親戚が重病で倒れたので、お見舞いに行く手配をして
誕生日を迎えて(これは、無かった事にして・・)
ふぅ~~、この10日間は、何も覚えてへんわぁ。。

そんな事、愚痴ってないで、連載を書こうっと!!

*******************************

その5)家の中で粗相をしたときのしつけ

前記の手法に従っていれば、粗相の回数は随分と減るでしょう。
けれど何回かの粗相は、免れない物です。
もし家の中でオシッコをしている最中の子犬を見つけたら
静かに近寄って、子犬の胴に手を回してから
はっきりした声で、「ノー」と叱ります。
そして子犬を抱き上げて、決まった場所に連れて行きます。
そうして「オシッコ」と命じて、暫く待ちます。
子犬が上手くオシッコをしたら、楽しい声で褒めましょう。

もし、家の中でオシッコをしている最中の子犬を
見つけられなかった時は、上記のようなしつけはできません。
それは貴方の責任です。黙って掃除をしましょう。


【2】子犬に一人で居る事(留守番)をおしえる

貴方が子犬をドッグランに入れたまま、一人にしておくと
子犬は鳴くでしょう。
そして随分泣き続けることでしょう。
また子犬をバリケンネルに入れて、一人にすると
大きな声で鳴くに違いありません。
でも我慢して下さい。
決して子犬に「続けて鳴けば、自由になる」と教えないで下さい。
時には一人で静かに留守番をするよう、しつけなければなりません。
今の時期に教えないと、取り返しの付かない事になります。

貴方が選んだ「留守番」の場所は、壊されて困る物の無い場所であり
子犬にとっては、心地よい場所であり、退屈しないように
オモチャがある場所でなければなりません。

留守番が出来るようになるまで、どの子犬にも
同じ様な手法でしつけます。
次の(1)を済ませた後、子犬が一人で静かにしていられるなら
その後の段階は省略して下さい。
ただし、必ず守らなければならない法則だけは、
いつも覚えておいて下さい。
それは「静かにしている時だけ、出してやる事。
もしクンクンと鳴いたり、吠えたりしている時は
決して出さない事です。」



(1)子犬を狭い場所に入れます。


片手におやつを持ち、臭いを嗅がせながら「ハウス」と命令し
犬舎(バリケンネル)などに入れます。
吠えても放っておいて下さい。
その場を離れた後、子犬が吠えても無駄だと悟って
吠えるのを止めるなら、貴方は幸運だと思って下さい。

(2)子犬が少しでも吠えたら、すかさず「静かに」と命令します。

吠えるのをためらい、そして止めたら、楽しい声で褒めます。
子犬が又吠え始めたら、再び繰り返してしつけて下さい。
何頭かの子犬は、数回の命令で吠えるのを止めるでしょう。
でも殆どの子犬にとっては、「静かに」の命令は
それほど簡単に学べないかも知れません。
その場合、貴方はこのしつけの手順を20回、もしくは
それ以上繰り返すのです。

(3)前記(1)と(2)のしつけをしただけで、子犬が
静かに犬舎で居られるようなら、貴方は幸運です。


でももし貴方の子犬が、頑固な吠え犬だったらどうしますか?
一番大切な事は、あまりカッとしない事です。
思い出して下さい。
犬は元々から社会生活をする動物なのです。
でるから大半の子犬は、生まれながらに一人で居られるような
才能は無いのです。

つづく

********************************
【2007/06/15 20:50 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
パピー・サバイバル・ガイド-2
その3) 食事後と目覚め後のしつけ方

あなたの子犬は、水を飲んだり食事をした後で、
または目覚めたときには、きっとすぐにトイレに行くでしょう。
ですから子犬は食事後と目覚めた後は、
すぐに戸外に連れて行って下さい。
そして以下同様にしつけていきます。

その4) 夜間のしつけ

夜の間は、子犬をバリケンネルなどに入れるようお薦めします。
犬は通常自分の寝場所ではオシッコをしないものなのです。
ある人は、子犬が幼いときは小さいバリケンネル
(200サイズ位)を用い、成長するに従って
普通サイズ(400~500サイズ)を使います。
その理由は様々ですが、私は始めから普通サイズの
クレートを使用しています。

人間の赤ちゃんと同様に、子犬も夜中の間ずっと
眠っている訳ではありません。
何度か起きて、鳴くことがあります。
この時がトイレに行きたいと感じ、
そしてあなたにその合図をするようにしつける良い機会です。
つまり夜中であっても、あなたは起きて
子犬を戸外の所定の場所に連れだし、
以下同じようにしつけて下さい。
オシッコが終われば、GOODと褒めながら、
屋内のバリケンネルに連れ戻します。
子犬は多分あなたと遊ぼうとしますが、
この誘惑に負けてはいけません。
夜中に遊ぶ癖を付けないで下さい。

子犬をクレートに入れると、多分きゃんきゃんと鳴くでしょうが
無視して下さい。
そして一人で居ることが出来るよう、しつけて下さい。

1~2週間後には、夜中に子犬を抱いて戸外のトイレ場所に
連れて行くのではなく、子犬を出してから、
あなたが所定場所に駆けて行き、その後を追わせて下さい。

その4) 昼間のしつけ

あなたが外出するときは、子犬をドッグランかサークル、
あるいはバリケンネルの様なトイレをしても構わない場所に
入れておかねばなりません。

あなたが在宅であっても、見張っていられない時も同じ事です。

子犬は余り早い時期から、家の中で始終自由にさせてはいけません。
さもないと、子犬のためにならないばかりか、
しつけの妨げになります。
子犬を戸外へ出すときは、必ず所定の場所へ連れ居ていくことを
覚えておいて下さい。
【2007/06/04 15:36 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
パピー・サバイバル・ガイド
これは私が英国バルライオン犬舎から子犬を迎えた時に、
彼女(ロータス)が持参した色々な書類と共に
ブリーダーである John & Saudjie Crookさん達から届けて頂いた
言わば「欧米流 子犬のしつけ方」のガイドを翻訳したものです。

「パピー・サバイバル・ガイド」と名付けられていたこのガイドは、
大変良い内容で、これから子犬を迎えるニューオーナーさん達には、
必ず読んで頂きたい小冊子です。

近い将来、私達の子犬を良い家庭へ送り出す際にも、
このガイドをお渡ししようと考えています。
その際には、日本と海外との差を考えて、私自身が若干手を加える事が必要かとは思いますが・・・

冒頭に「私の子犬たちは、申し分なく理想的に家の中で暮らせるようになるまでに、
屋内で4回以上の粗相をしません。」
と、
驚く内容が書かれていますが、
事実、私が迎えたバルライオン犬舎からの子犬(生後3ヶ月)は、
私の家に来てから、家の中でオシッコをした回数は、
なんと2回だけ!!

それもきちんとシーツの上でのオシッコでした。
生後3ヶ月のロータスを迎える為、トイレ・トレーニング用に
買い込んだ200枚のワイドシーツは、ことごとく無駄になり、
嬉しい悲鳴を上げたのでした。

それではサウジーさん達が勧める「パピー・サバイバル・ガイド」
読んでいきましょう。
長い内容ですので、少しずつ翻訳しながらご紹介したいと思います。

尚、原文の筆者はアメリカのBelgairn Labradors Kennel 
Jennifer Bauer女史です。

********************************

あなたの子犬は、生後数週間を屋内でどのように
生活させれば良いのでしょうか?
この時期に正しいしつけをし、且つ好ましい状態で過ごさせる事が、
将来マナーの行き届いた家族への第一歩であり、早道なのです。
     (Written by Jennifer Bauer,Belgairn Labradors,USA)


【1】 トイレのしつけ方==家の中で、オシッコ・ウンチ
               をさせない為に

私達の子犬は、申し分なく理想的に家の中で暮らせるようになるまで、
家の中で4回以上粗相をしません。
一方他の子犬たちは、とても利口なのに、きちんとした屋内生活が
出来るようになるまで何ヶ月もかかりますし、
その間は何度も何度もしくじるようです。

何故でしょうか?
それはその子の飼い主のしつけと、私のしつけの間に
大きな違いがあるからです。
では一日でも早く外でトイレが出来るようになる為、
私からの幾つかのしつけのヒントを述べてみます。

その1)子犬は屋内で放し飼いにされていて、
    飼い主が家にいない状態の時

そんなことをしてはいけません。
子犬は決して飼い主不在の部屋で、放し飼いにしてはいけないのです。
子犬が便意を催してトイレに行こうとしている場合に、
その子犬を捕まえる事は出来ませんし、
また前もって便意に気付いてやることも出来ません。
私は新聞紙を敷き詰めた囲いの中に、子犬を閉じこめるように
言っているのではありません。
この様な場合には、新聞のトイレで用を足すのは仕方ないでしょう。
でも私は個人的にはこの手法を使いません。
私は自分が不在の場合は、子犬を家の中に入れておきません。
そんなときは戸外のランに放しておきます。

その2)飼い主の居る部屋で、子犬を放し飼いにしている場合

① 一定間隔で、子犬を戸外に連れ出しましょう。
毎20分おきに子犬を戸外の決められたトイレ場所に連れて行きます。
そして「オシッコ」と言いながら、少なくとも1分間くらい
立ったままで待ち、そして子犬がどうするかを見守ってみましょう。

そこでオシッコが出来たら、GOOD PIDDLE!!
(原文は「良いオシッコ」ですが
「かしこいね~」とか「良くできたね~」で良いと思います)
と楽しい声で褒めちぎった上で、家の中に連れ戻しましょう。

そうして何週間か過ぎた後、外に連れ出す時間の間隔を
長くしてゆきます。
そして更に数週間後、戸外に通じる扉を開けたままにしてみましょう。
そうすれば子犬は自分一人で外へ出て行くようになるでしょう。
その事は子犬にとって、あなたが外へ連れて行くことと
同じになります。

② 子犬のトイレ合図を察知しましょう
油断無く子犬を見張ってください。
子犬がクンクン周りを嗅ぎ始めたり、ぐるりと
一周したり、あるいはしゃがみ込んだりし始めたら、
それは多分トイレ行きを焦っているからでしょう。
その時は、子犬を決められた戸外に連れ出し、
そして「オシッコ」と言いながら数分見守ってやりましょう。
そしてオシッコが上手くできたら、
①と同じように褒めてあげましょう。

つづく
【2007/06/03 21:34 】
未分類 | コメント(1) | トラックバック(0)
| ホーム |