インド巡礼の旅
さて、いよいよ誰もが知っているインドの名所
ガンジス河を訪れました。

夜明け前に到着
IMG_3135.jpg

川へ向かう路上で、いつもの通り暑いチャイを一杯。
IMG_3137.jpg

川岸で船を借り、乗り込みます
IMG_3141.jpg

精霊流しの花を買う
16864933_1099684443475047_7506446077736796864_n.jpg
IMG_3143.jpg
IMG_3148.jpg


ガンジス川の上る朝日を受けながら
クルーズしました
IMG_3175.jpg

船から見るガンジス河の岸辺は
これぞ!!インド!という風景です
IMG_3150.jpg
IMG_3156.jpg

川の上にも物売りが、、、
魚なんか買って、どうするの??と思いましたが
現地ガイドさんが、買っているので尋ねたところ
これは魚を買うのではなく、買った魚を川に放流して逃がして
功徳を積むのだそうです。
なるほど、考えたな!(笑)
IMG_3152.jpg

これは洗濯屋さんらしいです
IMG_3159.jpg

ここで沐浴すれば、全ての罪が流される??と聞きます
ガンジス河まで来られない人たちは、各自の近くの川に入って
沐浴して、汚れを落とすそうです。
沢山の人々が沐浴していました
IMG_3162.jpg
IMG_3163.jpg


川へは階段を下りて行くようになっていて
その階段の一角には、皆さんも聞いたことがある通り
死体を焼く場所があります。

各自がここへ運んで焼くのではなく、
此処は一種の斎場となっています。

私達が訪れた日も、何体かの火葬が執り行われていました。
階段には、まさに今燃えている死体や
火葬が終わって、黒焦げになった死体が沢山ありましたが
不思議と恐怖感はありません
これも、ここガンジス河だったからでしょうか
1486949852367.jpg

IMG_3166.jpg
IMG_3167.jpg

川の傍にも、道路にも
至る所に物売りがいるので、立ち止まったり
そちらを見たりしないよう、わき目も降らずに
歩かないとイケない事が、残念だった
ゆっくり見物しながらのぶらぶら歩きなど、出来なかった。。。
IMG_3187_20180211144311ce3.jpg
IMG_3186.jpg

その他、インドで見た沢山の心に残る風景たち

別世界のような、夜市
IMG_3211.jpg

鶏肉を売る店
新鮮が売り物??
さっきまで生きていたのをその場でさばく
IMG_3208.jpg

ヒンドゥー教寺院の中
ご本尊(??)は、女性の陰部をかたどっているそうです
IMG_3202.jpg

野良犬、ならぬ、野良ひつじさん達
IMG_3199.jpg

陶器店
IMG_3198.jpg

カジャと呼ばれる、インドの揚げ菓子
これは途中でガイドさんがバスを止めて買ってくれた
とても美味しかった!
IMG_2981.jpg

残念なことに、お顔を壊された仏教寺院の仏さまたち
IMG_3116_20180211150557a4d.jpg
IMG_2975.jpg


道中で出会った、村のお祭り
IMG_3101.jpg

ひたすらに祈りをささげる、チベット僧の方々
IMG_3113.jpg

途中に立ち寄った、日月山法輪寺で
法要を営む、一智上人(娘のお婿さん)
IMG_3125.jpg

人数が奇数だったので
私はいつもステキなお部屋を独り占めさせて頂いた
IMG_3134.jpg
IMG_3070.jpg

自由犬たち
IMG_3192.jpg
IMG_3195.jpg

出会った明るい人々
IMG_3012.jpg

IMG_3194_2018021115003100b.jpg

インドを訪れた人は、はっきりと2つに分かれると言う
一つは、もう二度と来たくない。と思う人達
そして、もう一つは、ハマってしまう人達

私は後者だったので、是非ともまた訪ねたいと思う
私達が普段当たり前だと思っている社会のルールや常識が
本当はどこまで意味があるのか??を改めて考えた
素晴らしい魅力にあふれた国でした。

最後に、名残惜しい帰国の機内から見えた
ヒマラヤ山脈
肉眼では遠くにはっきり見えたけど、遠すぎて上手く撮れなかった
1486987111863.jpg


グッバイ・インド
シー・ユー・アゲイン!!
スポンサーサイト
【2018/02/11 15:28 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
憧れのインドで
今回の目的だった、仏跡を巡る旅 の周辺から入ったブログでしたが
最後は、訪れた仏跡などをご紹介して終わりたいと思います。

有名なブッダガヤ

IMG_3035.jpg
IMG_3042.jpg
IMG_3036.jpg

お釈迦様が悟りを開かれた事であまりにも有名な場所です
2枚目3枚目に写っている木が、有名な菩提樹
以前はオープンだったそうですが
何を隠そう、あの有名な麻原障晃が
お釈迦様の真似をして、この木の根元に寝ころんだらしく
それ以来、この様に固い囲いが設置されたそうです。
残念な話でした。

ここは、仏教の聖地ですが
ヒンドゥー教の聖地でもあります

丁度タイの国王が崩御された後だったので
各地でタイから巡礼に来られている人が多かったです
白衣の方がタイの巡礼者さんです

また、ここではチベット僧の方々も多く
様々な場所で五体投地のお祈りをされていました

チベットから巡礼に来られている僧侶の方々と
右から、伊藤上人、娘婿の一智上人
チベットのお坊さん二人、四方上人、私
IMG_3063.jpg


ここで現地の案内をして下さった
日本人僧の伊藤上人に、ダラムサラで行われる
ダライラマ14世の法要カーラチャクラに
列席してみたいと言うと、
小さな町に100万人が詰めかけるそうで
ちょっと無理だなと感じました。

明日はいよいよガンジス河を目指します。

【2018/02/01 21:02 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
憧れのインドで
インドのお国柄を表しているような
交通事情はこれくらいにして・・・

皆さんは、インドにどのようなイメージを持っておられますか?

私は、元々ヨーロッパよりもアジアが好きです
ヨーロッパでは、古いものが大事に残されているし
スバらしい町並みにも感動しますが
宮殿内部の装飾など、美しい! 素晴らしい!と思うものの
ちょっとお腹いっぱいになってしまいます

しかし、アジアはオモシロい!
やはりDNAの中に共鳴するものがあるのでしょうか

インドでは、バスの車窓から
様々な風景を見ました。

都市部を離れると、本当に昔ながら、、というか
ちょっと想像できないくらい、貧しい風景が広がります
ガイドブックにも乗らない、庶民の生活風景を少し見てみましょう

IMG_2990.jpg
IMG_2992.jpg
IMG_2998.jpg
IMG_3002.jpg
IMG_3001_20180128153603d58.jpg
IMG_3004_20180128153933e22.jpg
IMG_3076.jpg
IMG_3091.jpg

熱帯なので、寒さ対策は必要ないから
窓も、入口のドアも無い。
乾季だったから、全てが土埃で薄汚れている

しかし、雨季となると、地面は泥沼化して
さぞ不潔だろうと思う

上から3枚目と、6枚目の写真を見て貰うと
家の壁に、丸いものが貼りついている

これは、牛のフンを丸めて、平らにしたもので
それを壁に貼り付けて、乾かして
燃料にするらしいです。
そう言えば、薪になるような樹木は無かったような記憶があります

ウシのフンの乾かし方にも地域性があり
写真の様に、家の外壁に貼り付ける地域と
一番下の写真の様に、地面に立てかけて乾かす地域があるそうです

洗濯は川です
IMG_2985.jpg

そして、何よりも驚くのは
家にトイレが無いらしく、家の外の青空トイレがフツーらしいです

これには困りましたが、確かに朝の時間帯などは
川原には何人かの人びとが屈んで用を足していました。
幸い私は途中で行きたくなったりしなかったので
辛い目には遭いませんでした。

豪華バスの車窓から流れる風景を見ていると
全てこんな感じなので、インドは貧しい。。。。と思うのですが
それは、日本から来た私達の感想であって
果たして、ここに住む人たちが、自分たちは貧しいと思っているかどうかは
いささか、怪しいと思っているのです。

確かに、見た目は、日本と比べて貧しいように感じるけれど
私は貧しさよりも、この土でできた家の、ドアも無い戸口から
目を見張るような、深紅のサリーを纏った女性が出てきた瞬間
言いようのない、感動に包まれました。

用を足すにしても、私達には、「トイレでする」という概念があるから
困る訳で、
もし、移動中トイレに行きたくなった時に、
脂汗を浮かべながら、我慢するか
さっさと、バスを止めて貰って
道端の茂みに入れるか、を比べると
どっちが幸せかと思うと、答えは簡単です

何となく、自分の固定観念を覆される連続だったのです



【2018/01/28 16:00 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
インド巡礼
道路事情がお国柄を良く表していると書きましたが
今回の旅行では、殆どが車での移動だったので
様々なビックリ場面に遭遇しました。

先日の高速道路逆走に始まった
この無法地帯とも言うべき、インドの道路事情を
もう少し書いてみたいと思います。

鉄道の踏切での風景
遮断機は下りているのに
だれも待たない、止まらない
遮断機をくぐって、どんどん線路内に突入

IMG_3096.jpg

そのうち、列車が来る!
列車も人も、バイクも自転車も
全部が線路内。

コワいです

IMG_3097.jpg
IMG_3098.jpg


そして、ビハール州に向かって進んでいた夕方
予定では4時間くらいだったと思いますが・・・

夕方の帰宅風景は、一台の車に
定員オーバーのパレード!
とにかく、人も物も、積めるだけ積んでいるので
ノロノロ運転。
これが、次に来る渋滞地獄につながる

IMG_2933_20180118204042434.jpg

IMG_2935.jpg

この道路、片側一車線の対面通行なんですが
向こう行が混んでくると、片側一車線に
どんどん車が突っ込み、片側に3列ぐらい車が横並びになる

当然 「フン詰まり」になる。

そのうち、信号のない交差点に差し掛かる時点では
片側一車線の道路の交差点だから
四方から、1列ずつの車が来るはずが
四方から、3列ずつの車が、交差点に無秩序になだれ込み
もう、もう、にっちもさっちもいかないほど
交差点内は、カオス。

この時の状況を的確に表す日本語を、私は知らない。。。。。。
IMG_2946.jpg
IMG_2947.jpg
IMG_2948.jpg

これ、交差点内ですよ!
人と車とバイクが、四方から全部ツッコんできて
もう、もう、もう、どっちにも、1ミリも動かないんです。。。。。

IMG_2949.jpg



【2018/01/18 20:55 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
憧れのインドで
ちょっとプライベートな事情で抜けましたが
また、続きを書きます

インドの道路は、国を良く表しています。
この道は確か高速道路だったように記憶していますが
この路駐の多さにはビックリ
左側はずらぁ~~~っと路駐のトラック
IMG_2919.jpg


それに、錆びて、破れたフロント部分を
オジサンが手で何とか元に戻そうとしているし
IMG_2922.jpg

路駐で一車線なった道をゆっくりと、かろうじて進んでいくと
今度は渋滞。
勿論電光掲示板や、道路情報の放送もないので
この先、どれほど渋滞が続いているかも不明。

バスは全く動かずに、渋滞の先の様子も分からない。
しばらく我慢していた運転手さん

そのうち、「ちょっと揺れますが。。。」とお断りの言葉に続いて
何をしたか??!!

正解はこの写真
IMG_3088.jpg


IMG_3089.jpg

がたんっ、と大きく揺れたかと思うと、バスは中央分離帯を乗り越えて
反対車線へ。。。。

つまりは、逆走!!
あっ、前から車が来ているし!(当たり前だけど)
IMG_3093.jpg
IMG_3082.jpg

IMG_3090.jpg

パパラ、パパラ、パパラぁ~~~!!と
その昔、暴走族なるものが良く使っていた
あの大げさなクラクションを鳴らし続け、
ずぅ~~~っと、空き空きの反対車線を走り続ける、私たちのバス。
あっ、運転手さん、前から車が来ていますよ!!と
何度も何度も叫び、(もちろん日本語は通じないが。。。)
負けじとクラクションを鳴らす、前から来る車に
(この車たちは普通に走っている。私達のバスが悪い)
ドキドキ、ハラハラしながら走り続ける、私たちのバス。
コワい。。。

そして、ふと見た、隣の車のシャシーの部分には
それよりも、もっと恐ろしい光景が。。。。
IMG_3094.jpg

バスの窓ガラスに内部が写って見難いけど
この隣を走る車の下には、何が見えますか??

そう、走行中の車のシャシーに、ハンモックを吊るして
人が寝ている。

あぁ、カオス。
憧れのインド
【2018/01/17 20:50 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム | 次ページ